FC2ブログ

マタイ受難曲 について 2016.02.01 -- 2

2016.02.01(17:35)

マタイ受難曲 東京ジングフェライン表紙 マタイ受難曲 東京ジングフェライン裏表紙

 1月30日、めぐろパーシモン・ホールへ東京ジングフェライン(管弦楽は東京バロックコンソート)の「マタイ受難曲」公演を聴きにいきました。
 3月1日にライプツィヒ・聖トマス教会での公演を控え、その壮行コンサートの意味合いを持たせているコンサートだそうです。

 指揮者の福島章恭さんの好みでは、「ロ短調ミサ曲」のような抽象性よりは、「マタイ受難曲」は物語性が強く、信仰を歌うという側面があるため、信仰のない福島さんには近づきがたかったそうなのですが、まだ二十代の若い頃の私には、バッハが見せるドラマチックな曲作りの一面が、堅いバッハよりも親しみやすく感じていました。

 そのバッハのドラマ性がもっとも強くあらわれているのは、私には「ペテロの否認」のエピソードであるように感じられます。
 最後の晩餐のあと、イエスは自らの受難を弟子たちに予言し、「彼らはイエスをおいて逃げるだろう」と伝えるのですが、ペテロをはじめ弟子たちは「私たちは絶対に裏切らない」と言い張ります。しかしイエスはペテロに「朝一番の鶏が鳴く前に、おまえは三回私を否認するだろう」と伝えるのです。
 ペテロは決してそのようなことはしない、と否定し、おそらく自身そのつもりでいたことでしょうが…。
 その夜イエスが捕らえられ、大祭司の庭で裁判が行われます。
 裁判の様子をうかがっていたペテロを見咎めた大祭司の召使いの女が「あなたはあの罪人と一緒でしたね」と声を掛けました。ペテロは「何のことを言われているのかわからない」と否定します。さらにもう一度同様の場面でイエスのことを知らないと否定し、次は人々に自分の訛りを気が付かれ、「おまえもガリラヤ出だからイエスの仲間だろう」と詰め寄られました。「いや、あなたがたが話しているそんな男をわたしは知らない」とペテロはイエスとの関係を否定します。するとそのとき、鶏が鳴いたのでした。
 ペテロは打ちひしがれて泣き出しました。
 
 この場面、バッハの曲作りはじつにドラマチックで、かつ表現には抑えも効いているのでかえって感動的です。詠唱されたのは福音史家役の畑儀文さんでしたが、この方の詠唱は心に深く染みこんできます。
 福音史家の詠唱を受けて続くのはバイオリン独奏を伴奏とするアルトのアリアですが、この曲はマタイ受難曲中屈指の名曲といってよいでしょう。ペテロの悔恨と懺悔の情を切々と歌い上げていきます。
 マタイ受難曲というのは短い曲の積み重ねなのですが、ペテロの否認の場面とアリアは、私にはバッハがこの場面に特別の力を注いで曲作りをしたように感じられます。
 あれほど「私はあなたを否定したりはしません」と言い張ったのに、いざとなったら怖くなってころりと心を翻し、主と仰いだイエスを裏切ってしまうペテロの心の弱さ。それが胸を打つのは「自分だって弱い人間だ、怖くなればきっと簡単に裏切ってしまうだろう」という自覚があるからです。
 
 しかし、そのペテロにイエスは「天国の鍵」を授け、教えを広めることを委ねたので、カトリック教会はペテロを初代のローマ教皇と見なし、サン・ピエトロ教会はペテロの墓の上に建てられ、現在までローマ・カトリックの中心地となっています。
 旧約聖書の神はあまりに残忍で怖ろしい神様で、私はあまりそばへ寄りつきたくありません。2014年公開の映画『エクソダス 神と王』などの映画を見ても、そう感じている西欧人だって多いのではないか、と思われます。
 しかし、その後のペテロの行く末を見るならば、「イエスは心の弱い人間を赦してくれる。見捨てたりはしない」というメッセージが感じられます。キリスト教がユダヤ人たち一民族の宗教ではなく世界的な宗教になり得たのは、「ペテロの否認」のエピソードがあったからではないのか、などと、マタイ受難曲を聴きながら、私はそんなことを考えていました。


150907_サン・ピエトロ寺院 主祭壇

 撮影場所:ヴァチカン市、サン・ピエトロ聖堂
 撮影日:2015.09.07

 写真はヴァチカン・シティ、サン・ピエトロ寺院の主祭壇です。左奥に見えているのが「ペテロの椅子」、右手前が主祭壇の天蓋です。どちらも以前「プロセルピナの掠奪」などの彫刻を紹介したベルニーニの作品です。
 主祭壇の下にはペテロの墓所があり、骨が発見されていますが、それがペテロの遺骨かどうか議論はいろいろとあるようです。

月影 2016.02.01 -- 1

2016.02.01(17:30)

160125 横浜市児童遊園地 月影

 撮影場所:横浜市児童遊園地
 撮影日:2016.01.25

 「月影」は野梅系青軸性の梅として分類されています。
 枝や萼は緑色で、それがこの青軸性の梅の特徴であり、ふつうの白梅、紅梅とは異なる独特の雰囲気をつくっています。
 「月影」は青軸性の梅の中でもとくに美しい、と感じています。

2016年02月01日

  1. マタイ受難曲 について 2016.02.01 -- 2(02/01)
  2. 月影 2016.02.01 -- 1(02/01)