FC2ブログ

次太夫堀民家園の鍛冶技術実演 2015.12.07 -- 2

2015.12.07(21:00)

151205 次太夫堀民家園 鍛冶実演

 撮影場所:東京都世田谷区・次太夫堀民家園
 撮影日:2015.12.05 以下同じ

 成城学園前駅から東の方角、野川沿いに、六郷用水を復元したという次太夫堀公園があり、「民家園」が併設されていました。園内には4、5軒の民家が保存され、ボランティアの方々がさまざまな活動をされています。

 写真は鍛冶技術の実演の様子です。
 ふいご一つも、古くから残されていた箱フイゴを再生して使い、鎚で叩いて刃物などを鍛造する様子を見ることができ、質問すれば詳しく教えてもらえます。
 質問、解説は炭素の含有量の違う鉄を併せて使うのはなぜか、鍛接剤を使う理由などから、包丁などにあるへこみ(裏スキ)の理由など、かなり突っ込んだ内容となりました。
 教えてもらったことを詳しく解説するのはたいへんなので省略しますが、現在のように機械化されても基本の理屈は同じなので、刃物ひとつ作るのにどういう配慮がされ、どのようにして製造されるのか、とてもよく理解できました。


151205 民家園 刃物の鍛造過程

 一番左側が完成品の小刀であるとすると、これは一番右側のような炭素含有量の異なる2種類の鉄片を接合して作られます。「それはなぜか」というところから、話はどんどん専門的になっていきました。
 また、日本の包丁などは片刃ですが、裏側にはわざわざ「裏スキ」というへこみが作られています。もし裏側が平面であれば、食材を切ったときにその食材が刃物とこすれてしまい、きれいには切れません。その裏スキの作り方まで教えてもらいました。

 第114回 San Poの会のコースの途中でしたが、この民家園はたいへん充実した内容でした。

庭のドウダンツツジの紅葉 2015.12.07 -- 1

2015.12.07(11:00)

151206 自宅庭 ドウダンツツジ

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2015.12.07

 地方の方のブログなど拝見するたびに、わが家のドウダンツツジはもうこれ以上美しく、赤くはならないのか、と思っていた。
 それでも、12月6日となって、なんとかここまで赤くなった。褐色になって枯れた葉もほとんど見えない。
 「よく紅葉してくれた」と思う。
 漠然とだが、ブログなどでドウダンツツジの紅葉を見かけるようになってから、1ヶ月くらい経過したように感じている。今年の横浜の木々の紅葉はそのくらい遅い。

 本日は、後刻もう一度記事の更新をする予定です。

2015年12月07日

  1. 次太夫堀民家園の鍛冶技術実演 2015.12.07 -- 2(12/07)
  2. 庭のドウダンツツジの紅葉 2015.12.07 -- 1(12/07)