FC2ブログ

バラふたたび…

2015.07.03(18:45)

 今年の春期のバラの季節は早々と終わってしまいましたが、そんな中でも一部のバラ(とくにイングリッシュ・ローズ)は、いったんお休みした後でまた、少数ながらもしっかりした花を見せてくれています。


【ウイリアム・シェークスピア】

150702_自宅庭_ウイリアム・シェークスピア1

 鉢植えのイングリッシュ・ローズ「ウイリアム・シェークスピア」がふたたび元気な姿を見せています。
 下で紹介するグラハム・トーマスと同様に、これも David Austin社のバラです。
 飾り付けの棚などはかみさんの手作りです。


150702_自宅庭_ウイリアム・シェークスピア2


【グラハム・トーマス】

150702_自宅庭_北東花壇のグラハム・トーマス

 北東花壇に地植えにした株と、鉢植えで育てている株と、わが家にはグラハム・トーマスが二株あります。
 上が「北東花壇のグラハム・トーマス」、下が「鉢植えのグラハム・トーマスです。


150702_自宅庭_ウッドデッキのグラハム・トーマス

 世界ばら会議(World Rose Convention)というのがありまして、イギリスのロンドンに本拠地があり世界40カ国が加盟する世界ばら会連合(World Federation of Rose Societies)が開く世界大会です。3年に1回だそうです。会議では世界中で愛培されている名花を「ばらの殿堂」に収めます。
 いわゆる「殿堂入りしたバラ」というのはそのバラのこと。
 この「グラハム・トーマス」も「殿堂入りのバラ」です。


【センチメンタル】

150702_自宅庭_センチメンタル

 赤白絞りのバラは多数あります。品種名は咲き方などから「たぶん、そうではないか…」という推定です。
 本格的にバラを始める前から育てたバラですが、花期が長くとても強健です。


【アガパンサスの不調は謎】

 根岸森林公園でも馬の博物館でも、そして生麦のキリンビールの工場でも、元気にたくさんの花を付けているアガパンサスですが、わが家で花軸を伸ばしたアガパンサスはたった1本だけ。
 原因がさっぱりわかりません。葉の様子はとても元気なのです。庭の西側の奥の擁壁付近と南西向きのウッドデッキ前の2ヵ所のうち、ウッドデッキ前で1本だけ花軸を伸ばし、花を咲かせています。

2015年07月03日

  1. バラふたたび…(07/03)