FC2ブログ

三渓園臨春閣の黄葉

2015.01.01(00:00)

寒中お見舞い申し上げます

昨年11月に義父が他界し、当家は喪中ですので、新年の挨拶は失礼させていただきます。
ブログでお付き合いさせていただいているみなさんには、昨年はたいへんお世話になりました。
本年もまた、変わらぬお付き合いをお願い申し上げますとともに、みなさんのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

141202 三渓園・臨春閣の黄葉

 昨年12月2日の三渓園・臨春閣の黄葉です。
 
 昨年は、明暗差が激しすぎるなど、通常の方法では撮ることができない写真でも、撮影した画像内にはデータが残っていることを利用して、目で見た印象を画像として復活させる方法をいろいろと試してきました。
 三脚を利用して HDR撮影を行うなどの方法はありますが、三渓園のようなところで三脚を使用することは憚られます(平気でどこにでも三脚を立てるカメラマンがかなりいるのは事実ですが、ぼくはそういうことはやらないことにしています)
 陽の当たっている左側のカエデの黄葉は輝くばかりですが、右側は暗く沈んでほとんど黒、というのが元画像です。しかし、人間の眼はそれぞれ別に見て頭の中で画像を合成しますから、陽の当たっている部分も日陰の部分も美しい黄葉です。そして背景には臨春閣の優美な姿が見えている。
 しかし、一枚の写真として撮影してしまうと、明るすぎるか暗すぎるかで、何が何だかわからない写真ができあがってしまいます。「こんなにきれいでしたよ」といってほかの方に見せたいとなると、あれこれテクニックを駆使して印象をまとめ上げるしかありません。

 昨年からの自分の目標は、天候などどのような環境条件であっても、美しいと感じたときにはそれを表現した写真画像を最終的にまとめ上げて呈示できるようにすること、です。
 上の画像のように、昨年は多少は前へと進むことができました。(一昨年は同じ場所で撮影して、手が付けられずにまったく諦めていました)
 今年はさらにレヴェルアップを狙いたい、と考えています。

〈参考〉現像前の元画像

三渓園・臨春閣の黄葉元画像

2015年01月01日

  1. 三渓園臨春閣の黄葉(01/01)