FC2ブログ

外交官の家は「魔女たちの館」

2014.11.01(18:00)

【外交官の家】

141031 外交官の家 外観

 10月31日ハロウィーン。
 横浜市中区・山手地区「外交官の家」は「魔女たちの館」に変身していました。


【魔女たちの館】

〈魔女たちのダイニング・ルーム〉

141031 魔女たちの館 ダイニングルーム


141031 魔女たちの館 ダイニングルーム縦


141031 魔女たちの館ダイニングルーム 遠景


141031 ダイニングルーム 鏡の前の飾り人形

 ひとつ上の写真の、奥のほうに見えている鏡の前の人形飾りです。


〈リビング・ルーム〉

141031 魔女たちの館 リビングルーム


〈アフタヌーンティー・セット〉

141031 魔女たちの館 アフタヌーンティー・セット


〈カボチャの棚飾り〉

141031 魔女たちの館 カボチャと蜘蛛

 蜘蛛と蜘蛛の巣が気に入りました。


〈サンルーム〉

141031 魔女たちの館 サンルーム


〈魔女の生け花〉

141031 魔女たちの館 生け花

 さて、そろそろ階段を上がって二階へ行きます。


〈階段下のコーナーの飾り〉

141031 魔女たちの館 階段下の飾り


〈階段の窓〉

141031 魔女たちの館 窓からの風景2


〈魔女のベッド・ルーム〉

141031 魔女たちの館 魔女のベッドルーム


〈魔女の書斎 兼 研究室〉

141031 魔女たちの館 怪しげな秘薬調合

 人間を蛙に変えてしまう秘薬の調合でもされているのでしょうか。


〈二階の窓から〉

141031 魔女たちの館 窓からの風景

 各西洋館の入り口で、観光客のみなさんが「え? 入場料はいらないの? タダなの?」と驚いています。
 そうです。入場料はかかりません。
 これだけのものを見せてもらって楽しめるのですから、みなさんも「クリスマス飾り」のときにはぜひご来場ください。

 クリスマス飾りのときもそうでしたが、イタリア山公園では「ブラフ18番館」と「外交官の家」が事実上同じ敷地にあり、こうしたイベントは互いに競うようなかたちになるからでしょうか、両館とも専門のデザイナーを入れて、たいへん質の高いイベントをやってくれます。

 カメラ撮影は「ストロボは禁止」です。
 薄暗い部屋のシチュエーションがほとんどになるので、撮影だけでなく、現像仕上げにとても手間が掛かります。暗いからカメラのISO感度を上げて撮影しますが、感度を上げれば上げるほど、ざらざらとしたノイズが多くなり、画面が荒れてしまいます。

2014年11月01日

  1. 外交官の家は「魔女たちの館」(11/01)