FC2ブログ

シャンゼリゼ大通りを歩く

2014.09.07(21:00)

140616 Paris コンコルド広場からシャンゼリゼ通りを臨む

 6月16日19時半くらいだったろうか、ぼくはコンコルド広場から凱旋門まで、シャンゼリゼ大通りを歩いて行こう、としていた。


140614 Paris シャンゼリゼ通りの散策1

 地下鉄の駅を3駅もはさむが、ふつうに歩いて30分弱、途中どこかのカフェで夕食を食べるつもりでいた。
 距離にしてほぼまん中のフランクリン・D・ルーズヴェルト駅くらいまでは緑豊かな並木の中を歩き、そこからがいわゆる目抜き通りだ、ということは承知していた。


140616 Paris グラン・バレ

 フランクリン・ルーズヴェルト駅まであと少し、左側にグラン・バレ(Gland Palais)が見えてきた。
 1900年のパリ万博万国博覧会のために建てられた、大規模な展覧会場・美術館だ。シャンゼリゼ通りからは建物を横から眺めるかたちになり、正面からのすばらしい眺めは得られない。


140616 Paris シャンゼリゼ大通りの中心部

 いよいよ目抜き通りが見えてきた。


140616 Paris 目抜き通りのルイ・ヴィトン

 写真はルイ・ヴィトンのシャンゼリゼ本店だ。有名な店だが、夜間一人歩きのぼくにはとくに用はない。

 路上に座席を出したカフェがたくさんある。
 格式が高いところへ入ってみたいけれど、テーブルでワインとパイプ、服装も洒落たおじさんたちが多いところはどうも気後れする。
 安そうなところで飲み物とサンドイッチを注文したが、フランスパンだから堅い。食べるのがけっこうたいへんだ。
 闖入者があった。民族衣装のような服装で肌の色がやや濃いおばさん、席まで来て「金を恵んでくれ」という。
断固として断ったがかなり執拗だった。
 インド系の顔立ちとか服装とか、あとで記憶を辿ると、いわゆるロマないしロマを装っていた物乞いかと思われた。(日本ではよく知られている用語が差別用語とされているらしいので、最近読んだデンマーク・ミステリに倣い、「ロマ」としておく)
 二十分ほどの休息の後、いよいよ凱旋門へ向かう。


140616 Paris キャバレーLido

 上は有名なキャバレー「Le Lido」だ。日本的な感覚でいうキャバレーで理解しようとすると間違う。高級なディナー・ショウみたいなものらしい。
 いつかは Lido で一晩楽しんでみたい、と思うけれど、どくらいの価格なのだろうか。


140616 Paris 近づいてきた凱旋門

 凱旋門まであと少し。
 強い西日の逆光で見えてきて、やっと到着だ。


140616 Paris 凱旋門到着


【日常の記録】

9月4日、証券会社担当者と打ち合わせ。草むしり。映画『X-Men』。
9月5日、横浜トリエンナーレ2014/新港埠頭会場。『ウッドストック行最終バス』(コリン・デクスター)読了。映画『死霊のはらわた』。
9月6日、家事、写真整理。夕刻、スポーツ・ジムでストレッチ&筋力トレーニング。

「ディックの本棚」を更新しました。
  SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと/チャールズ・ユウ
  窓から逃げた100歳の老人/ヨナス・ヨナソン

2014年09月07日

  1. シャンゼリゼ大通りを歩く(09/07)