FC2ブログ

バガテル公園(最終回)

2014.08.07(17:00)

140616 Bagatelle 建物の前のブッシュ系のバラ

 パリのバガテル公園に行ったから、さぞやすばらしいバラをたくさん見られただろう、と思われるかも知れませんが、そんなことはありません。
 たとえば、横浜に「横浜イングリッシュガーデン」という植物園があります。多種類のめずらしいバラを集め、ていねいに世話をして、たいへん質のよいバラを咲かせています。日本人の「ていねいな仕事」の賜物という印象です。
 フランス人はおおらかでして、さほど熱心に手入れをしている、という印象がありません。
 たとえば花殻はそのままで摘んでないし、見映えにさほどこだわらない。
 ドイツのバラもイギリスのバラも分け隔てなく植えて、さあどうぞ、ごらんください、というふうです。


140616 Bagatelle バガテル公園9

 パリは気温がイギリスより5度ほど高いですが、気候は安定し、植物はよく育つ。日本のように高温多湿にはならないので、病害虫の心配も少ない。細かいことにあまりこだわらなくても、植えればバラは育つのかな、という感じでした。


140616 Bagatelle ツバキに似たバラ10

 この翌日、わたしたちはロンドンへ移動するのですが、イギリスはまたフランスとは違います。
 バラの咲かせ方、見せ方にこだわりを感じます。フランス人よりもていねいに世話をして、配色などにも特別な配慮があり、「どうだ、きれいだろう」と言わんばかり。それがイギリスのガーデニングです。
 細やかな感性という点では、フランス人よりもイギリス人のほうが日本人に近い。


140616 Bagatelle 遠くの建物12

 ただ、フランス人には排他的なところがありません。
 「どなたもみんないらっしゃい! 歓迎しますよ」と世界中の観光客を集めています。
 芸術の都パリ、というのは、必ずしもフランスの芸術家が中心となっているのではなくて、世界中から集まったアーティストが切磋琢磨して、そこからエネルギーが生まれているのです。それがフランスの文化のあり方になっており、ガーデニングにもそんな雰囲気が感じられます。


140616 Bagatelle LPR2014 16

 このバラの記号は「LPR2014/16」です。まだ名前がありません。
 ルールがよくわかりませんが、おそらくは新品種開発中で、新種として正式に認められてから、名前を付けられるのでしょう。
 同じような新種開発中のバラもたくさんありました。


140616 Bagatelle 不明の植物13

 時間切れで入り口へ向かっています。
 バラ園を出ているので、いろいろな花が目に付きます。
 これは何でしょうね。


140616 Bagatelle 白いユリ14


140616 Bagatelle カンパニュラ15

 ほかにもいろいろと目に入ります。
 ドクダミが咲いていました。タケニグサはほぼ終わっていました。


140616 Bagatelle クリマチス16


140646 Bagatelle 入り口近くの美しいバラ17

 バラ園外にも、こんな美しいつるバラがありました。


140616 Bagatelle 魅力的な一角18

 魅力的な一角ですが、立ち入っている時間的余裕がありません。


140616 Bagatelle 魅力的な一角19

 ここも何やらよい雰囲気ですねぇ。

 さて、このあとバスはホテルへ向かいますが、ぼくとかみさんも含めて、大多数の方々はオペラ座付近でバスから下ろしてもらいました。
 次回のパリ旅行記は、「パリの夜の散策」です。

2014年08月07日

  1. バガテル公園(最終回)(08/07)