FC2ブログ

「シャーリ修道院」の城館

2014.07.14(17:00)

140616 Chaalis 城館建物正面側

 6月16日に訪れた「シャーリ修道院」の記事の最終回です。

 「シャーリ修道院」はフランス革命後、教会と回廊のかなりの部分が破壊され、残されたのは古典主義様式の巨大な館と古い礼拝堂だけになりました。
 持ち主は次々と移り変わり、Madame de Vatry が貴族風の大邸宅(城館、chateau)にしようとします。
 この人も亡くなって、1902年、銀行家エドゥアール・アンドレの寡婦であるネリー・ジャックマールが不動産を購入しました。
 この女性はかなりのコレクターで、世界各国の美術品を買い集め、パリの館(現ジャック・マール・アンドレ美術館)も手狭になって、シャーリ修道院の不動産を購入し、城館(貴族風の大邸宅)部分に陳列していたのです。

 上の写真はその城館(大邸宅)の正面側です。


140616 Chaalis 美術館の建物1

 裏側のほうへまわって撮影しています。

 ネリー・ジャックマールが亡くなるときにシャーリ修道院の資産をすべて INSTITUT DE FRANCE に寄贈すると遺言したので、大邸宅は現在は美術館として運営され、一般に公開されています。


140616 Chaalis 美術館の建物全景2

 赤い垂れ幕があるのが美術館の入り口です。

 内部が撮影禁止となっているのが残念ですが、美術館といっても単に絵が並べられているというのではなくて、たとえば2階部分は個室が当時のまま(お屋敷の貴族が生活していた頃の様子のままに)に並んでいて、各部屋にすばらしい家具や調度品が据え付けられ、壁はタペストリーや絵画で飾られています。
 それぞれの個室には必ず、メイドまたは従者の部屋が付属しています。そのままに残っています。
 その贅を尽くした様子にはただただびっくりさせられます。
 銀行家ジャック・アンドレの寡婦とのことですが、いったい自由にできる資金がどれほどであったのかと、驚かされます。


140616 Chaalis 美術館入り口


140616 Chaalis 美術館外壁の胸像1


140616 Chaalis 美術館外壁の胸像2


140616 Chaalis 城館前の庭園1

 2階から広大な庭園が眺められます。
 当初はイタリア式庭園で、後にフランス式古典庭園となり、さらに後にイギリス風の趣味がくわえられたそうですが、基本は整然とした「平面幾何学式庭園」のようです。
 広い庭園の様子をぼくは外で撮っていますけれど、あらためて理解したのは、「平面幾何学式庭園」というのは、大金持ちの王侯貴族が大邸宅の2階(といっても1階天井はとても高いので現代ならビルの3、4階)の窓から眺めたときに、その美しさを実感できるように造られている、ということでした。
 王侯貴族の権力誇示の趣味を満足させるように意図され、造られた庭園だ、ということです。


140616 Chaalis 城館前の庭園2

 こうしたフランスの庭園はイギリスにも採用されますがも、イギリスでは産業革命が起きて中産階級の力が強くなり、庭園の様式はまた別のイギリス独特の流行で変化していきます。そういうところを味わえるのも、今回の旅行の楽しみのひとつでした。


140616 Chaalis 城館前の庭園3


140616 Chaalis オレンジ貯蔵施設

 敷地内にはほかにもいろいろな建物があり、上の写真は、フランス語版Wikipedia の図面で調べたところでは、オレンジの貯蔵施設ということのようです。

 さて、このあとサンリスという町で食事をして、それから近くの「シャンティイ城」というところへいくのですが、シャーリ修道院の城館など、まだまだ子どもの遊びのようなものだった、と圧倒されることになりました。

2014年07月14日

  1. 「シャーリ修道院」の城館(07/14)