fc2ブログ

鎌倉・大巧寺のツバキ

2014.03.12(22:00)

【卜半】(ぼくはん)

椿卜半140311大巧寺

 3月11日、鎌倉駅を下りて、通りがかりに「大巧寺」へ立ち寄りました。
 「卜半」がたくさん咲いているのを見たときはうれしく思いました。
 近所の方が引っ越されて、「卜半」の鉢を持っていかれてもう数年、この花と出会うことはかなわなかったのです。いわゆる「唐子咲き」の典型のような椿です。
 なかなか見かけることはありませんが、この品種は有名なので、憶えておかれるとよい、と思います。


【白菊】(しらぎく)

椿白菊140311大巧寺

 「白菊」はいわゆる千重咲きで、内側がもう少し開いていくと、さらにきれいになります。
 大船フラワーセンターにもありましたが、2月25日は少し早すぎました。


【天ケ下】(あまがした)

椿天が下140311大巧寺



【羽衣】

椿羽衣140311大巧寺


【緋縮緬】(ひちりめん)

椿ひじりめん140311大巧寺

 緋縮緬の写真は、けっして彩度を上げて強調しているわけではありません。
 雄蕊の葯も、花弁も、まさに写真通り、この色でした。


【日常の記録】
 3月11日、晴れてそこそこ暖かくなるという予報だったので、鎌倉歩きをしようと出かけました。
 花目当てではなく、幕府のあった場所を現場できっちりと確認しようと思っていました。「大蔵幕府」「宇都宮辻子幕府」「若宮大路幕府」の正確な位置と、碑のある場所とを確認して歩きました。路地が入り組んでいて碑のある場所がなかなかわからず、思っていたよりもずいぶんと時間が掛かりました。
 大巧寺、頼朝の墓(法華堂跡)などを訪問しましたが、それはメインではありませんでした。
 大巧寺でいくつかのツバキを見ることができたのは幸運でした。

2014年03月12日

  1. 鎌倉・大巧寺のツバキ(03/12)