FC2ブログ

鎌倉・鎌足稲荷神社

2014.02.04(17:00)

【浄妙寺を左手に見て道を少し登る】

浄妙寺を左に見て道を進む140203


【すり減った細い石段の上に鳥居が…】

すり減った階段の上に鳥居が…140203

 鎌倉・浄妙寺の脇の道を少し登り、細い道へ折れてさらに少し登ると、細い石段が見える。
 石段はすり減り、手すりを掴んでいないと足を踏み外しかねない。


【鎌足稲荷神社】

鳥居の奥に社が…140203

 石段の上に鳥居があり、小さな社がある。それが「鎌足稲荷神社」だ。

 「鎌倉」という地名の由来について、藤原鎌足が「鎌」を埋めたからだ、という伝説があるが、藤原鎌足がなぜこんな東国までやってきて、いったいどういうつもりで「鎌を埋めた」のかわからず、変な話だ、と思っていた。


鎌足稲荷神社130203

 「鎌足稲荷神社」の説明板によると、
 —— 藤原鎌足(中臣鎌足)は乳児のときに稲荷大神(いなりのおおかみ)から鎌を授けられ、以来、お護りとして身につけ、大神の加護を受けてきた。大化元年、中大兄皇子と協力して蘇我入鹿を討ち、大願を成就させたので、翌年鎌足は東国に向かい、相模国由井の里に宿泊した。
 その夜「あなたに鎌を授けて守護してきたが、いまや入鹿討伐という宿願を遂げたから、授けた鎌を我が地に奉納しなさい」との神のお告げがあった。
 鎌足はお告げの通り鎌を埋納し、祠を営んでお祀りした。それが鎌足神社の始まりである ——

 なるほど、こう詳しく書かれれば納得もできる。


鎌足稲荷神社アップ140203

 ということで、なんと、この小さな社の辺りに鎌足が鎌を埋めたのが、「鎌倉」という地名の始まりだ、というのだ。

 なお、稲荷神を祀る神社が狐と結びつくのは江戸時代に入ってからであり、「キツネは稲荷大神の使いであって稲荷大神そのものではない」との注意書きがあった。この神社には狐の像はまったく見られなかった。


【鎌足稲荷神社付近のニホンスイセン】

鎌足稲荷神社付近のニホンスイセン140203

 この鎌足稲荷神社は、昨年2月に浄妙寺を訪れたときは、山のずっと上のほうにあるような気がして立ち寄らなかったのだが、その後神戸から takae h さんがいらして立ち寄り、記事を書かれていた。
 神奈川県に住み、先祖のゆかりの地でもあるのに、これではいけないと、今回の記事にした次第だ。

 浄妙寺境内のロウバイや梅などの様子は、また別記事にて。

2014年02月04日

  1. 鎌倉・鎌足稲荷神社(02/04)