FC2ブログ

イタリアのクリスマス

2013.12.25(18:00)

イタリアのクリスマス・オルゴール131220

 横浜市中区山手町の西洋館巡り「世界のクリスマス・シリーズ」はいよいよ最終回です。
 今晩は「山手111番館」の「イタリアのクリスマス」です。
 今回の記事では「山手111番館」も外観の写真がありません。ぼくがバスを降りたときにかみさんが待っていまして、「あと五分でオルゴール演奏が始まるから」と呼ばれて駆けつけました。外観を撮影している余裕はありませんでした。

 写真のオルゴールはとても古いものですが「Silent Njght」の音色は響きがよく、すばらしいものでした。


イタリアの食卓131220

 「地理と佐渡の部屋」の管理人さんからご指摘がありましたが、このシリーズのいままでの記事はすべて新教国、カトリックのクリスマスはイタリアが初めてとなります。
 それぞれ各西洋館が工夫を凝らし、デザイナーを依頼するなどしているようですが、見てきたところでは新教とカトリックの違いとか、あまり意識されてはいないようでした。


イタリア食卓と暖炉131220


イタリア国旗前のオーナメント131220

 今回の室内撮影のシリーズは、とてもよい勉強になりました。野外でのカメラワークとは、気を遣わなければならない点が著しく異なり、また現像も高感度撮影でのノイズの除去、陶器や金属類の輝きの処理など、野外のでの自然撮影とはまったく異なるので、挑戦意欲をかき立てられました。


イタリアのクリスマス窓辺の飾り131220


赤いろうそくのオーナメント131220


イタリアワイン131220

 「外交官の家」の「スウェーデンのクリスマス」、「ブラフ18番館」の「ノルウェーのクリスマス」、「ベーリックホール」での「オランダのクリスマス」、「イギリス館」での「英国のクリスマス」のほかにも、「エリスマン邸」での「チェコのクリスマス」、「山手234番館」での「フィリピンのクリスマス」などを見学しましたが、すでに今日がクリスマス当日となりましたので、このシリーズは今回で終了といたします。
 今回はかみさんと長女、次女は「68番館」で「ブラジルのクリスマス」も楽しんできたようです。ほぼ同時刻、微妙にすれ違いながら、家族で楽しむことができました。
 

2013年12月25日

  1. イタリアのクリスマス(12/25)