FC2ブログ

オランダのクリスマス

2013.12.23(18:30)

ベーリックホール131216

 横浜山手西洋館の「各国のクリスマス飾りシリーズ」第3回は、「オランダのクリスマス」です。
 ベーリックホールは建物が大きいのに庭は小さめなので、ここへ来ると、外観をどのように撮影したらよいかと毎回悩みます。


ピンクメインダイニングテーブルと窓131216

 メイン・ダイニングルームはピンク色。
 こういう色彩感覚の室内装飾は初めてなので、とても新鮮で、おもしろく感じました。


ピンクダイニングテーブルakiko131216

 上は長女が撮影した写真です。


ベーリックホール・ピンクテーブルセット131216


ピンクテーブルの部屋の照明131216

 ベーリックホールのクリスマス飾りはオランダのドリーン・ローリンさんというフラワーデザイナーさんが担当されたとのこと。赤を基調にしたお洒落なオーナメントに特徴があります。


ベーリックホール・ピンクテーブル縦131216


ピンクテーブルの部屋の暖炉131216


ベーリックホール化粧台131216


 「外交官の家」のスウェーデン、「ブラフ18番館」のノルウェーと比較すると、陽射しが燦々と降り注ぎ、明るいので撮影しやすいともいえますが、暗い室内に極端な明暗の差ができて、とても戸惑います。
 三軒めの訪問なので、いままではあまり経験のなかった、こうした室内撮影の要領がわかってきたところですけれど、なかなか厳しいものがあります。


降り注ぐ陽射しの小部屋131216

 現像のほうも四苦八苦してきましたが、苦労した甲斐あって、射し込む陽射しの強さを損なわないようにしながら室内もしっかり再現する現像方法が、ある程度わかってきたように思います。


化粧台のある風景131216


ピアノの部屋と窓131216


ピアノ横の赤い花飾り131216haruka

 ピアノの横のこの花飾りは、次女がスマホで撮影したものです。


赤いクリスマス飾りakiko131216

 各所のコーナーのオーナメントがとても凝っています。
 各西洋館を巡る楽しみは、美術館の展示を見てまわるのと同じような楽しさを感じます。
 上の写真は長女が撮影しました。


ベーリックホール・鏡と窓の飾り131216akiko

 今回あれこれ写真を撮っていて気がついたのですが、じつは何枚も失敗写真があります。
 それは「鏡」です。誰もいない、と思って撮影したのに、思わぬ人物の姿が映り込んでいたり、カメラを構えていた自分が真正面にいたり、室内写真には気を遣わねばならないことが多いですね。
 長女が絶妙なショットを撮っていました。


ベーリックホール仕事部屋131216

 仕事部屋にも、落ち着いたクリスマス飾りがありました。


ベーリックホール・子ども部屋131216

 この邸に住んでいた当時、ベリック氏の子息はすでに青年でしたが、山手の西洋館の中で唯一子息用の部屋として設計されたという特徴を活かすため。小さな男の子の部屋という設定で内装を施したそうです。


ベーリックホール子ども部屋のクリスマスツリー131216akiko

 長女が撮影した写真です。
 クリスマスツリーにぶら下がっているオーナメントはりんごの形をしていました。

 今回の山手の西洋館巡りは、自分のカメラワークのヴァリエーションを広げるためにも、とてもよい経験になっているように思います。25日まで続けます。
 あと、英国かイタリアかチェコか、写真の少ないものもあります。
 英国はとくに突然の天候悪化で部屋が暗くなって苦労しましたので、撮れているとよいのですが…。

2013年12月23日

  1. オランダのクリスマス(12/23)