FC2ブログ

ノルウェーのクリスマス

2013.12.22(11:40)

ブラフ18番館131216

 各国のクリスマス飾り・シリーズの二番目です。
 「外交官の家」の隣り、「ブラフ18番館」は「ノルウェーのクリスマス」でした。


ノルウェーのクリスマス・メインテーブル131216

 ノルウェーの国旗を意識してか、赤を多用したクリスマス飾りですが、やはり北欧らしいお洒落なセンスがうかがわれます。


ノルウェーのクリスマスツリーakiko131216

 上の写真は長女が撮影しました。


ノルウェー食卓飾りAKIKO131216

 上は長女が撮影した食卓の写真です。


ノルウェー・クリスマスケーキakiko

 これはクランセカーケというケーキです。アーモンド、砂糖、卵白などを焼いて作り、18段が通常のサイズだそうです。長女が撮影しました。


ノルウェー・クリスマス飾りと窓131216


ノルウェーのクリスマス・サンタクロース飾り131216

 これはサンタクロースではありません。
 ノルウェーとデンマークではニッセ(スウェーデンではトムテ)と呼ばれる妖精です。
 農場の厩に住み、人間の手伝いをしていると言い伝えられているそうです。ミルク粥が大好きで、ノルウェーの農場では、クリスマスイヴに厩にお粥を置く習慣があるそうです。お粥を置かないと怒って悪戯するのだとか…。


ノルウェー・ニッセ131216

 長女が撮影したニッセです。


ノルウェー・ぼんぼり風クリスマスツリー131216

 ノルウェーのデザイン・デュオ「アルネ&カルロス」のクリスマス・オーナメント・ボールを中心とした飾り付けとなっていました。
 オーナメント・ボールが手編みなので、独特の味わいがあります。長女が撮影した写真です。


ノルウェーのクリスマスツリー131216


ノルウェー 眠る幼子131216

 長女が撮影した写真です。
 これは特別な想いが込められているのかも知れません。


ノルウェーのリビングルーム131216


ブラフ18番館サンルーム131215

 各国のクリスマス・シリーズはつづきます。クリスマスが間近いですからね。次はオランダを予定しています。
 

2013年12月22日

  1. ノルウェーのクリスマス(12/22)