FC2ブログ

神戸ルミナリエ

2013.12.14(21:44)

ルミナリエまでの街路131210

 12月10日夜、翌日の神戸フロイデ合唱団のコンサートの一日前に神戸入りしたぼくは、神戸ルミナリエの見物に出かけました。
 混雑すると聞いていたので、一時間ほど早めにゲートへと向かいました。
 すでに警察官たちが街路へ出て、交通整理・警備に当たっていました。


ルミナリエへのゲート131210

 メインゲート前の三井住友信託銀行前のスペースで待機していると、定刻より15分早めに点灯してくれました。


ルミナリエへのゲートをくぐる131210

 さあ、ゲートをくぐります。


ルミナリエ・ゲートをくぐって街路を歩く131210


ルミナリエ・メイン会場131210

 神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災のあった1995年以降、追悼と鎮魂の意味を込め、街の復興を祈念して、毎年12月に開催されています。
 今年のルミナリエのテーマは「光の記憶」

 忘れることのできないあの日
 神戸に輝く光の星空は
 かけがえのない記憶のかけら
 ぬぐいされない悲しみと
 未来への希望がいまも混在している
 光は記憶そのものだ

 ということでした。


ルミナリエ・さあ会場内へ131210

 上の写真の光の館へ入っていきます。


ルミナリエ・さあ会場内へ2131210

 観光客はぼくも含めて「とてもきれいなので…見にいく」といった単純な動機からが多いでしょうが、震災で激減した観光客を呼び戻す目的もあったわけですから、それはそれでよいのかも知れません。


ルミナリエ・会場内から1131210

 上の写真以下、光の館の内側からの撮影です。


ルミナリエ・会場内から2131210

 荘厳な教会音楽が鳴り響いています。
 それが今年のテーマ「光の記憶」にとても合っているように思いました。


ルミナリエ・会場内から3131210


ルミナリエ会場横から131210

 光の館を横から出て、振り返って撮影しています。


ルミナリエ・会場横から2131210


ルミナリエ・会場横から3131210

 めっきり冷え込んできたのに気がついたのは会場を後にしてからでした。
 会場では光のアートの美しさに感動していましたが、会場を後にして歩き始めますと、身体がすっかり冷えているのに気がつきます。
 どれだけ寒かったかに気がついたのは、暖かい三宮地下街に入ったときでした。

2013年12月14日

  1. 神戸ルミナリエ(12/14)