FC2ブログ

日本大通り、神奈川県庁本庁舎、山下公園通り(第87回San Poの会記録 2)

2013.12.06(18:00)

【日本大通りのイチョウ並木】

日本大通りのイチョウ並木131127

 昨晩の「横浜公園の紅葉」の続きです。
 横浜公園の北側に立って、まっすぐ横浜公園方向を眺めると、広い通りが港のほうへ延びています。
 わずか36m の街路です。横浜公園と象の鼻波止場を結ぶ通りで、明治3年に完成しました。写真の日本大通りの右側(東側)が外国人居留地であり、左側(西側)に県庁、横浜税関など、日本の開港施設が作られました。


日本大通りのイチョウ並木縦131127

 日本大通りはイチョウ並木の黄葉がたいへん美しく、横浜公園からここを突き当たりの海岸通りまで歩き、右折して、イチョウ並木を山下公園前まで歩くのが、秋の黄葉のときの散策のベストコースです。
 また、日本大通りには神奈川県庁本庁舎などの古い建物が残っていて、横浜らしさを味わうことができます


逆光の日本大通り131127

 半分くらい歩いてから、横浜公園方面を振り返って見ています。午後はやや逆光気味になります。
 上の3枚の写真は、3日前の27日に一人で歩いたときの写真を使用しました。
 並木全体の様子は、28日の強風でやや葉が落ちてしまっていたからです。


【神奈川県庁本庁舎】

イチョウと神奈川県庁舎N131130

 写真の建物は、日本大通りを半分と少しまで歩き進んだ左側、神奈川県庁本庁舎です。
 本庁舎は関東大震災で焼失したので、昭和2年から3年にかけて建て直されました。
 まん中の塔は、「キングの塔」の愛称が付けられています。
 本庁舎は現在も使われていて、毎月第三日曜日に、知事室、貴賓室など内部を見ることができ、また屋上に上がり港を一望することができます。

 上の写真はSan Poの会のNさんの写真をお借りしました。(30日撮影)
 本日の記事は、11月27日午後2時頃の写真と、30日正午過ぎのSan Poの会での写真とで構成しています。


イチョウと神奈川県庁舎斜め縦131127

 上は27日、ぼくの写真です。
 大きな違いは3本の旗ですが、30日は土曜日で、おそらく午後になると県庁の職員さんが旗を下ろしてしまうのでしょう。


【開港広場前交差点付近のイチョウの黄葉】

開港広場前のイチョウの黄葉131130

 「日本大通り」を突き当たりまで歩き、左折すると「海岸通り」、右折してすぐの交差点が「開港広場前交差点」です。
 写真はSan Po の会Nさんが撮影した「開港広場交差点」付近のイチョウです。
 お洒落なレストランなども立ち並び、港町横浜らしい雰囲気の漂っている地区です。
 ここから、「山下公園通り」を産業貿易会館、県民ホール、ホテル・ニューグランド、マリン・タワーなどを右に、山下公園、氷川丸が停泊する横浜港を左に見ながら、元町方面へ向かいます。


【山下公園通りのイチョウ並木】

山下公園通りのイチョウの黄葉横131127

 「開港広場前交差点」を過ぎるとその向こうにまっすぐの道路が続いています。「山下公園通り」です。
 上の写真は27日に産業貿易センターの手前で撮影しました。
 27日の一人での散策と、30日のSan Poの会の写真が混ざりますが、イチョウの葉のボリューム、撮影時間が約1時間半ほど違うだけで、日の強さと向きが変わり、印象が変わります。


山下公園通りのイチョウの黄葉縦131127

 同じ産業貿易センター付近ですが、縦方向にするとボリューム感が出ます。(27日撮影)


山下公園通りのイチョウの黄葉縦アップ131127

 同上。


県民ホール前のイチョウの黄葉N131130

 上は県民ホール前、30日のNさんの写真です。


ホテル・ニューグランド131127

 ホテル・ニューグランドは27日のぼくの写真です。


バラと氷川丸N131130

 バラと氷川丸。上のNさんの写真のほうがぼくよりよく撮れていました。
 作為のない自然体がよいようです。
 

2013年12月06日

  1. 日本大通り、神奈川県庁本庁舎、山下公園通り(第87回San Poの会記録 2)(12/06)