FC2ブログ

帷子川親水緑道から、駕籠塚、白根不動尊へ(第86回San Poの会 記録記事)

2013.11.26(22:40)

【「帷子川親水緑道」の入り口付近】

帷子川親水緑道入り口の池131123

 11月23日の「第86回San Poの会」のウォーキング記録です。
 立派に整備された新宿御苑の紅葉記事のあとではつらいものがありますが、横浜のごく一般的な住宅地近辺の紅葉ということで、素朴な味わいがあります。
 今回のメンバーは計5名。11時半に相鉄線鶴ヶ峰駅に集合し、帷子川親水緑道付近でお弁当昼食、そこから畠山重忠の妻のゆかりの地である駕籠塚を訪ね、ふるさと尾根道緑道を少し歩いてから白根神社、白根不動尊へ向かう、というルートでした。

 「帷子川親水緑道」というのは、帷子川の河川改修で帷子川がまっすぐ広く流れるよう流れを変えた際に、旧河川敷にそって遊歩道を作り公園にした、ということのようです。
 鶴ヶ峰付近から「帷子川親水緑道」へ入って行く付近は池があり、日本庭園のように整備されていました。


【帷子川親水緑道の散策】

帷子川親水緑道の散策131123

 住宅地の谷間を流れる旧河川は「中堀川」と呼ばれているようです。
 写真は散策の様子です。リーダーのNさんの写真を拝借しました。


【帷子川】

帷子川131123

 10分ほど歩くと、現在の帷子川にぶつかります。
 横浜駅前に勤務していたことのある私から見ると、「ああ、あの汚い川…」という感じなのですが、この付近はとてもきれいでした。
 この後、「帷子川親水緑道」の入り口付近に引き返し、そこでお弁当昼食としました。


【駕籠塚】

遺跡駕籠塚131123

 「駕籠塚」は畠山重忠が北条義時の軍勢と戦って敗れ、自害した地。重忠の内室「菊の前」は夫の死を知り、自害、駕籠ごと葬られたといいます。
 畠山重忠は鎌倉幕府内では清廉潔白、剛胆、謹厳実直な武将と知られ、人気のあった御家人です。
 たとえば梶原景時とか、いろいろと評判の悪い武将もいる中で、これほど評判のよかった武将はいなかったのに、北条時政夫人の「牧の方」が「彼は謀反を起こそうとしている」と讒訴したのでした。
 「牧の方」の娘婿と、畠山重保(重忠の息子)との間に諍いがあり、「牧の方」が時政に訴えて畠山父子を陥れてやろうと狙ったのです。

 こうした汚いやり方は、執権北条氏の得意技です。
 北条時政にしろ、その息子の義時にしろ、幕府に貢献した有力御家人を片っ端から陰謀で陥れ、実権を握っていきました。北条氏の歴史というのは、まさに陰謀の歴史といっても過言ではない、とぼくは思います。

 畠山重忠は「鎌倉に異変あり」と聞いて館を出て、鶴ヶ峰付近まで来たとき、義時の大軍とぶつかり奮戦の上、自害しました。
 重忠の息子の畠山重保は鎌倉にいたのですが、「一大事」とい聞いて郎党を引き連れ出て見れば、兵が弓に矢をつがえている。繰り出してきた連中に「何があった? 謀反か?」と問えば、「謀反人は貴殿だ」との返事だったとか…。ひどい話です。
 北条義時は時政と「牧の方」から話を聞いて「まさか、あの畠山重忠が…」とは思いつつ、父と継母が「謀反だ」というので仕方なく兵を起こしたということですが、実際にはどうだったのか…。
 義時はこの事件を利用し、「讒訴した」ことを理由に父時政と継母「牧の方」を追いやり、実権を握りました。うるさかった父親を追い出すために事件を利用したのです。
 だから、事件後も畠山重忠を悪くいう人間は誰もいません。彼はいまだに鎌倉幕府の英雄なのです。
 力持ちで、馬を大切にした、ということで知られています。


【ふるさと尾根道緑道】

ふるさと尾根道緑道131123

 「ふるさと尾根道緑道」は横浜市旭区の背骨に当たる稜線にそって、導水路敷きを中心に整備された緑道で、全長約1.6km あるそうです。
 上はN さんが撮られた写真をお借りしました。


【白根神社の白糸の滝】

白根神社白糸の滝・大滝

 さて、白根神社に着きましたが、社殿は小さく、これが鎌倉入りのときに頼朝が祈願した神社なのか? というほどのものしかありません。
 ここはどうも「白糸の滝」と、高台にある「白根不動尊」が見どころのようです。
 もう少しカエデが紅くなっていればなあ…、というところです。


【白根不動尊】

白根不動尊131123
 白糸の滝の横を登って行くと、一段と高いところに「白根不動尊」の社殿がありました。本尊は弘法大師の作と伝えられる約5cmの不動明王の座像だそうです。

 下は白根不動尊の境内の紅葉の様子です。

白根不動尊境内131123

 今回の 散策はここまで。
 恒例の銭湯は「竜泉寺の湯」というスーパー銭湯でした。
 「竜泉寺の湯」でゆっくりしたあと、鶴ヶ峰駅前で懇親会を開いて解散しました。

 以上の写真はコンパクトデジカメを使用しています。ウォーキング記録なのであまりこだわって撮る余裕はなく、ちょっと乱暴ですが、紅葉の下での散策の雰囲気は出ているように思います。

2013年11月26日

  1. 帷子川親水緑道から、駕籠塚、白根不動尊へ(第86回San Poの会 記録記事)(11/26)