FC2ブログ

東京国立博物館のユリノキ

2013.11.21(20:00)

ユリノキと表慶館131120

 11月20日、上野の東京国立博物館・平成館まで、「特別展 京都 〜 洛中洛外図と障壁画の美」を観に行きました。
 この敷地に入ったら、ユリノキを撮影しないで出てくるのはもったいない。写真はユリノキの黄葉と表慶館の建物です。

 洛中洛外図屏風は複数ありまして、それぞれ「○○本」というように呼ばれています。
 そのうち、織田信長が上杉謙信に贈ったことで有名なのが「上杉本」ですが、当ブログへコメントをくださるブログ「退職教師の日本史授業」の YUMI さんは米沢市まで現物をご覧になりに出かけたとか…。それがうらやましくて、いつかは…、と思っていました。
 しかし、「上杉本」は11月4日までの前期展示で終了。後期はもうひとつ有名な「舟木本」が展示されており、それを観に出かけた次第です。


ユリノキと博物館本館131120

 上と下は、ユリノキと博物館本館です。
 ユリノキの黄葉は最初から期待して出かけたので、本来なら一眼レフを携えていくべきところ、博物館の平成館ではロッカーを使うわけには行きません。あるのですが、ぼくは使わない。
 その理由は下記の「ディックの本棚」の感想をお読みいただきたく、お願いいたします。


 クリックして下さい →「特別展 京都 〜 洛中洛外図と障壁画の美」


ユリノキと本館2131120

 「洛中洛外図屏風」というのは、近くでじっくりと眺めるのがおもしろいのでして、そのためには開場前から並び、ロッカールームもトイレにも目もくれず、真っ先に屏風の前に行かなければならないのでした。
 努力のかいあって(笑)、「舟木本」はかなり楽しめました。


ユリノキ見上げ131120

 ユリノキは根岸森林公園前の並木がそうなのですが、度重なる強剪定でじつにみっともない状態です。
 「馬の博物館」横にも大木が3本ありましたが、一昨年でしたか、台風で二本が倒れました。
 国立博物館のユリノキは大木でかたちがよく、楽しみにしております。


ユリノキ見上げ2131120


【上野公園のイチョウ】

上野公園のイチョウ131120

 上野公園のイチョウは、黄葉の具合に個体差があり、まだ緑色の葉の木も多数ありました。

2013年11月21日

  1. 東京国立博物館のユリノキ(11/21)