FC2ブログ

台北中心部の通勤ラッシュ

2013.10.30(18:15)

【台北中心部・信号待ちのオートバイ通勤者】

信号待ちの通勤オートバイ2131021

 10月20日、かみさんと、親しいお付き合いのS家夫妻と、成田から台北国際空港へ飛びました。
 その翌日21日の朝、ツァー用の専用バスで市内を移動中の光景です。
 台北市内は通勤時間帯はかなりの交通渋滞が起きるので、郊外からの通勤者はオートバイ通勤が多いそうです。
 信号待ちになると、自動車のあいだを縫うようにしてオートバイが交差点の先頭に並びます。
 あまりの光景に呆れてカメラを出すのも忘れていまして、ぱっと目に入る百台以上のオートバイの信号待ちの光景は撮り損ねましたが、ゆっくりとカメラを出して調整していても、どの交差点もこんな様子なので、証拠写真は撮れました。
 天候は雨、揺れるバス内でコンパクトデジカメ、という悪条件ですが、なんとか見られるでしょう。


信号待ちの通勤オートバイ131021


【青信号となりいっせいに走り出すオートバイ】

信号が変わり、いっせいに走り出す通勤オートバイ131021

 自動車とオートバイは、台湾では右側通行です。
 信号が青になると、一斉に走り出すその光景は、カルチャーショックを感じさせます。


【ツァー専用バス前方の通勤ラッシュ】

雨の通勤ラッシュ131021

 ツァー専用バスの前方はこんな様子で、渋滞の状況がおわかりになると思います。
 このバスの左右を、縫うようにしてオートバイが走っていきます。
 スピードがかなり出ていまして、慎重に走る自動車の右左を平気で追い越していきます。よく事故が起きないものだ、と感心していました。


【晴れてきた道路の通勤ラッシュ】

通勤ラッシュ縦131021

 晴れてきたので、窓から横前方を撮りました。
 片道三車線、片道四車線の道路も多く、道路はとても広いのです。これがこんなふうになるほど、通行量が多い。
 一般に、輸送量が多いことは好景気のバロメーターとなっていますし、こんな交差点がたくさん目に入りますから、台北は好景気だと考えてよいのでしょう。

 追って記事にしますが、夜は9時過ぎまで大勢の人で街がにぎわっています。人々のエネルギーを感じさせる街でした。
 「デフレ→縮小均衡」よりも、やはり「多少のインフレ→景気浮揚→経済拡大」のほうが元気があっていい、と感じざるを得なかったのでした。

2013年10月30日

  1. 台北中心部の通勤ラッシュ(10/30)