FC2ブログ

凌霄花棚

2013.07.09(19:20)

ノウゼンカズラ棚120706

 根岸森林公園近く、私立聖光学院中高等学校裏のマンションの私設公園です。
 藤棚ではなく凌霄花(ノウゼンカズラ)棚がありました。
 藤棚は漢字で書くことが多いからと、ノウゼンカズラを漢字にしてみました。
 霄(そら)を凌ぐように高く伸びる蔓に咲く花(凌霄花) ということからこの字になっているようです。
 じつはたったいま憶えました(笑)

 久しぶりに横浜美術館へ行ってきました。
 先週の土曜日から「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」という展示をやっています。
 平日だというのに数多くのご婦人方が詰めかけて、横浜美術館がこれほど混雑しているのは「ドガ展」以来です。たいへん賑やかでして、会場内であまりしゃべってほしくはないのですが、これってテレビか何かで特集番組でもあったのでしょうか。
 ポスターにもなっているルノアールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」前が一番混んでました。まあ、ぼくはルノアールはあまり好きでないから、「やっぱりねえ」と…、やや冷ややかに見ております。
 その同じ部屋のセザンヌの「パイプをくわえた男」の存在感に圧倒されました。こちらは、ぼくにとっては、ルノアールをはるかに凌ぐ名品でした。

 午後は例によって美術館の図書室で、美術雑誌や写真雑誌などを読み耽りまして、本日はこのノウゼンカズラ一枚しか写真を準備できなかったのです。
スポンサーサイト




2013年07月09日

  1. 凌霄花棚(07/09)