FC2ブログ

これがノウゼンカズラだ!

2013.07.04(18:00)

【これはノウゼンカズラではありません】

アメリカノウゼンカズラ130704

 近所のマンションの植え込みです。崖の上なので、少し下から撮っています。
 上の写真は、どうしてもノウゼンカズラには見えません。
 ○ 蔓が垂れ下がらず、花がいきなりトランペットのように突き出ています。
 ○ 花の口径が小さく、それに比べて頸が長い。
 ○ 色がかなり濃い。
 ○ 唇が分厚いように見える。

 ひとつひとつは大した違いではないように思われるでしょうが、下の写真をご覧下さい。


【これがノウゼンカズラだ!】(この下全部の写真)

垂れ下がるノウゼンカズラの蔓130620

 ○ ノウゼンカズラは垂れ下がる蔓が美しい。
 ○ 一度垂れ下がった蔓から、斜め上向きに花が付きます。
 ○ 口径が大きく、その分、頸が長くは見えない。
 ○ 色が薄めです。
 ○ 唇が薄く見え、花弁が繊細な感じがします。


叔母の家のノウゼンカズラ130623

 よく品種の同定の際に言われるような、たとえば「花をめくってみると萼が反り返っている」とか、そういう細かいことを言っているのではありません。
 だって、見た目が違うではありませんか? こんなに違うのに、それを一緒にするほうがおかしい、と言いたいのです。
 
 正直に言えば、アメリカノウゼンカズラもしくはその仲間たちよりも、本来のノウゼンカズラのほうが好き! という好みがあるので、ついつい力説したくなるわけですが…(笑)


垂れ下がるノウゼンカズラ130629

 感覚的に言えば、「トランペット咲き」ではなくて「サクソフォーン咲き」とでも言いましょうか。

 それでも細かいことを言っているように思われるかも知れませんが、いったん垂れ下がってから花が持ち上がって咲くと、全体のラインもきれいになるのです。
 下の写真の左側のラインがこのように整うのは、蔓が垂れ下がってから花が持ち上がって咲くからなのです。
 アメリカノウゼンカズラには、このような優美さはないように思います。


ノウゼンカズラ 左のライン130704


ノウゼンカズラ全景130704正式版

 ご近所のノウゼンカズラなのですが、ここまでくると見事とすなおに誉めるか、少ししつこい、と言いましょうか…(笑)

 最近は、花の美しさを楽しむことを重視していまして、品種の違いとかにはあまりこだわらないのですが、見た目がこれだけ異なってくると、「ちょっと待って!」と言いたくなります。
 個人的な好みの話ですが、ぼくが好きなのは、垂れ下がってから咲く、大きめの花を付ける、サクソフォーン咲きのほう…。昔からノウゼンカズラと呼ばれている花のほうなのです。

 アメリカノウゼンカズラを贔屓にされる方からの、逆襲を歓迎いたします(笑)
 いいな、と感じられれば、そのよさを引きだした よい写真が撮れるだろう、と思います。

2013年07月04日

  1. これがノウゼンカズラだ!(07/04)