fc2ブログ

わが家の庭(5月16日〜18日)

2013.06.14(18:42)

【5月16日】

5月16日のゼラニウム

 ゼラニウムだそうです。
 ゼラニウムというのはいろいろあるようで、ぼくはいままであまり好きではなかったのですが、ピエール・ド・ロンサールとシャポー・ド・ナポレオンのまん中あたりで繁みをつくり、ときにはバラを圧倒するにぎやかさを見せてくれました。


5月16日のピエール・ド・ロンサール130516

 5月16日のピエール・ド・ロンサールです。
 飽き飽きされていらっしゃる方もあるかと思いますが、ブログの目的のひとつは記録ですから、ご辛抱を。


【5月17日】

ツルマンネングサ130517

 花にきちんとフォーカスが当たっていないではないか、と言われそうですが、上方の葉の付き方を撮っております。
 ベンケイソウ科マンネングサ属というのは、紛らわしいのがたくさんありますが、ツルマンネングサを見分けるポイントは、葉の付き方にあります。
 葉が3枚ずつこんなふうについて、ツルが伸びていくマンネングサの仲間を見つけたら、それはツルマンネングサだ、ということになります。


ヤマボウシ130517

 昨年の庭の改造の際に植えたヤマボウシは、台風で何回も倒されてなかなか根付かず、今年もなかなか葉が出てこなくて、危ぶんでいました。
 なんとか、開花したようです。


白いアヤメ130517

 白っぽいアヤメは、真横からの写真で一度紹介しています。


名前のわからない北東向き花壇のバラ130517

 庭の改造以前から、北東向きの花壇に植えられて、悪い環境でも頑張ってきたバラ
 名前がわからなくなってしまいましたが、この微妙な色合いはなかなかのものです。
 花はあまり大きくならず、中輪といったところです。


【5月18日】

ウッドデッキのアルテミス130518

 何回か紹介しているアルテミスですが、今晩は少し蘊蓄を述べたいと思います。
 美術展巡りを趣味のようにしていてよく出かけますが、古い絵画を眺めるときは、キリスト教とギリシャ神話についての知識というのが、ある程度は必要になってきます。
 アルテミスはオリュムポス12神のメンバーで、狩猟と純血の女神です。純血の女神ですから、愛と美の女神アフロディテとは対立関係にありました。
 ドイツのタンタウ社が作出したクライミング・ローズです。


ウッドデッキのナエマ130518

 ナエマがアルテミスの横でようやく勢いを増してきました。
 昨年から植えて育ててきたバラの中では、かなり遅咲きのようです。
 Nahema というのはアラビアンナイトの中に出てくるお姫様の名前で、同時にマハネというお姫様がお話に登場していて冷静沈着なのに対し、とても情熱的な女性なのだとか…。純血の女神(処女神)アルテミスとあまり仲良く慣れそうにない感じがしますがどうでしょうか。


庭園灯とピエール・ド・ロンサール130518

 これは少し角度と組み合わせを変えてみました。
 5月18日のピエール・ド・ロンサールです。


水道栓横のカンパニュラ130518

 これも一度アップで紹介しました。
 つぼみの色がかなり強烈です。たぶんカンパニュラの一種類だろうと思われます。

2013年06月14日

  1. わが家の庭(5月16日〜18日)(06/14)