FC2ブログ

東京外国語大学学園祭 〜 第71回San Poの会

2012.11.30(17:00)

東京外語大の立て看板121124

 11月24日第71回San Poの会は、第一部「東京外国語大学学園祭」、第二部「武蔵野の森公園〜野川〜神代植物公園〜深大寺ウォーキング」の二部構成でした。
 東京外国語大学は、西武多摩川線の多磨駅から徒歩3分程度のところにあります。
 11時に東京外大の正門前に集合し、再集合時間の13時までは各自自由行動となりました。
 上の写真は、立て看板が学園祭らしい雰囲気を盛り上げています。


学園祭の紅葉121124

 キャンパスはケヤキなどの紅葉がきれいでした。
 メンバーはいくつかのグループに分かれました。
 英語ミュージカル鑑賞グループ、ダンスなどの発表会を楽しむグループ、模擬店食べ歩きグループなどができました。ヒンズー語の講習を受けた方もいました。
 ぼくは英語ミュージカル鑑賞グループの仲間に入りました。


RENTの舞台1121124

 学生たちのグループ「RENT」の上演で、「RENT」という題名のミュージカルを上演するために結成されたグループのようです。
 Nさんが調べたところによりますと、「RENT」とは1996年〜2008年にブロードウェイで上演された
人気のミュージカルで公演回数は歴代8位だそうです。RENTとは家賃のことです。
 1980年代のニューヨークの下街が舞台。再開発のため立ち退きを迫る家主と、そこで暮らしている8人の若者たちの、クリスマスイブから翌年のクリスマスイブまでの悩みと葛藤を描きます。エイズが蔓延する中、ゲイのカップル(男性とは限りません)の恋愛に関する葛藤、音楽の路で成功したいという夢が叶えられない悩みや、貧困、さまざまな挫折などを描いていきます。


RENTの舞台2121124

 ラスト(写真下)は、いろいろな矛盾や悩みを抱えながらも、いま生きているこの瞬間を大切にて精一杯生きて行くしかないとの前向きのメッセージで締めくくられます。
 学生の主催ですので、舞台装置や演出面では低予算、つたない面があることは止む得ないのですが、出演者はこの日のために全員かなり練習を重ねてきた様子。若者らしい生き生きとしたパワーが感じられて、約80分、けっして飽きさせずに舞台は進みます。
 

RENTの舞台ラスト121134

 「つまらなかったら途中で出ようか」と言っていたのが、最後まで楽しんで外へ出ました。


東京外語大各国料理の店が並ぶ121124

 いつの間にかキャンパスは人で溢れ、当てにしていた各国料理の模擬店はどこも長蛇の列です。
 一番空いていたカンボジア料理の店で桜エビの香りがする「ボボー」しいうリゾットを買って食べました。スペイン料理の店などと比べると日本人に馴染みのないせいか、あまり人気がないようでしたが、食べてみるととてもおいしい。350円です。量が少ない分は持っていたビスケットで間に合わせるしかありませんでした。
 上の写真、一番右の店がカンボジア料理を販売しています。


バンドも熱唱121124

 ステージではロックやジャズのバンドが入れ替わりながら熱演していました。
 この写真はSan Poの会リーダーのNさんからお借りしました。

 この記事は次回「ウォーキング編」へ続きます。


【今年もなんとか皇帝ダリア】(付録)

今年もなんとか皇帝ダリア121120

 昨年まで、11月は二階のベランダまで届く大型の皇帝ダリアをご覧いただいていましたが、その場所へウッドデッキを作ってしまったので、皇帝ダリアは西の擁壁の際に移しました。
 午後の陽が当たらないので、さすがにあまり大きくなりません。
 スタンディングポジションで撮影してこんな感じになりました。


今年もなんとか皇帝ダリア縦121120
スポンサーサイト




2012年11月30日

  1. 東京外国語大学学園祭 〜 第71回San Poの会 (11/30)