FC2ブログ

東福寺町を歩く

2012.11.22(17:45)

東福寺町のタクシー121010

 京阪に東福寺という駅があるから、東福寺へ行くにはここから歩くのだろうと考えてその通り実行すると、かなり歩くことになる。駅の名前は東福寺に行くための駅ではなく、東福寺という町を訪れるための駅と考えた方がよい。
 この日の朝、松原橋近くのホテルから清水寺まで歩き、五条坂を下って鳥辺野の跡地の墓地を確認し、河合寛二郎記念館を見学して、方広寺の鐘楼を見て、隣の豊国神社へ進み、近くで昼食を食べてから、さらに三十三間堂まで歩いた。あまりに疲れたので七条の駅から東福寺まで一区間は京阪電車を利用したような気がするが、着いたところは東福寺町の端っこだったのだ。
 結局この日も一日中歩いていた。


東福寺町洛東園121110

 東福寺は臨済宗東福寺派の大本山。1236年の創建だ。摂政九条道家が,奈良における最大の寺院である東大寺に比べ,また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で,「東」と「福」の字を取って名付けたと言われる。
 三時が近づいてくると焦ってくる。三時を過ぎるとあっという間に日が傾くからだ。なのにその東福寺へ着かない。
 町が広いのだ。タクシーが停まっているここは、東福寺の支援でできた養護老人ホーム「洛東園」だった。


東福寺・栗林庵121010

 東福寺のこの塔頭は栗林庵。「墓地募集中」の看板がある。こういう塔頭がたくさんある。
 日が傾くと困ると思いつつも、ぼくは東福寺に辿り着く前に、東福寺の塔頭のひとつ「霊雲院」というところで脱線してしまった。
 とりあえずは座敷でひと休みして、のんびりと庭でも眺めていたいというのは、さすがに疲れていたからだ。


【遺愛石と九山八海の庭】

遺愛石と九山八海の庭121010

 「霊雲院」の第七代の住職が細川忠利と親交があり、和尚が住職になるときに細川家から五百石を贈る話が出たが、和尚さんは修行の妨げになるからと辞退。そこで石を賜るということになった。
 細川家は「遺愛石」と銘を付けて須弥台と石舟を作って贈った。
 その遺愛石を中心としたのが、書院前庭の「九山八海の庭」だ。


九山八海の庭・遺愛石左側121010

 書院の廊下を歩き進んで振り返る。「遺愛石」は見えている画面の右側にある。


【書院から庭を眺める】

書院から九山八海の庭121010

 書院の奥から眺めている。遺愛石は左の端のほうに見えている。
 書院を右奥の茶室「観月亭」のほうへ回っていくと、「臥雲の庭」がある。


【臥雲の庭】

臥雲の庭121010


臥雲の庭一部121010


【九山八海の庭へ戻る】

九山八海の庭に戻る121010

 臥雲の庭をしばらく眺めて、また書院の廊下を戻っていく。
 九山八海の庭の全体を、最初とは反対の方向から眺めることになる。

 東福寺に辿り着くまで、ここからまたかなり歩いたのだった。

2012年11月22日

  1. 東福寺町を歩く(11/22)