FC2ブログ

南無阿弥陀仏

2012.11.14(19:00)

【西本願寺・大銀杏と安穏殿】

西本願寺大銀杏と安穏殿121011

 西本願寺のパンフレットは薄いけれども、とてもよくできている。
 それも、お金を払って拝観したからもらえるのではなく、置いてあるパンフレットを勝手にとって、あとはどうぞご自由に…、というのだから、三十三間堂とは対極の対応だ。

 その中味だが…
 ---- 本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山です。正式には龍谷山本願寺派といい、一般には西本願寺と呼ばれています。浄土真宗は、鎌倉時代の中頃に親鸞聖人によって開かれました。
 (中略)
 (親鸞聖人は)比叡山で学問修行に励まれましたが、二十九歳のとき、源空(法然)聖人のお導きによって阿弥陀如来の本願を信じ「南無阿弥陀仏」という念仏に帰依する身となられました。----

 上で「阿弥陀仏の本願」とは、阿弥陀仏が法蔵菩薩としての修行中に立てた誓いのことだ。
 「我が浄土へと生まれたいと願って念仏する者は、すべて我が浄土へと生まれることができる。もし生まれない者がいれば、私は阿弥陀仏とはならない」という誓いだ。(新潮新書『法然親鸞一篇』/釈徹宗より)
 それほどの誓いだから、衆生を救い自らの仏国土へ生まれ変わらせようという阿弥陀仏の意思は、きわめて強いものなのだ。


【御影堂と阿弥陀堂】(重要文化財)

西本願寺御影堂と阿弥陀堂と大銀杏121011

 法然の考え方は「阿弥陀仏のこの誓いを信じるならば、念仏を称えるだけで阿弥陀仏の浄土の世界へ往生することができる」というもの。「ややこしい話は一切抜き」なのである。
 阿弥陀仏を信じて、南無阿弥陀仏と称えさえすれば、死して後には阿弥陀仏の浄土へ生まれ変わることができる。修行も何も必要ない。ややこしい教えを学ぶ必要もない。ただ信じて南無阿弥陀仏(阿弥陀様を信じて身も心もすべて捧げ、お任せいたします)と称えればよい。
 平安末期、方丈記に記されていたような大火、竜巻、飢饉、地震がどれだけ続き、戦渦がいくらひどかろうとも、たとえ末法の世の中であろうとも、念仏さえ称えれば死後の幸せが約束される。


【御影堂の廊下から眺める大銀杏】

御影堂の廊下から眺める大銀杏121011

 釈徹宗さんの新書『法然親鸞一篇』の表紙見返りのキャッチフレーズがいい。「"悟り"ではなく"救い"の道を」だ。それが浄土宗の画期的なところだった。自分で修行して悟りを開く必要はない。ただお願いすれば救われるのだ。


【御影堂の廊下】

西本願寺御影堂の廊下121011

 浄土真宗というのは、それでは何なのか。大きく大雑把に言うのなら、浄土宗とそんなに違いはないらしい。大きく大雑把に言うのなら、ちょっと内省的な、自分が潔癖であるという自信がないだけに大まじめに考え込む親鸞さんの性格の特徴が、浄土宗をさらに突き詰めたような、そんな感じがする。
 いい加減に済ますなと言われても、詳しく書き始めたらたいへんだから、この程度でやめておくことにする。

 ともかくも、力がある。いまでも信徒の数は浄土宗、浄土真宗合わせて日本最大で頭抜けている。自分で努力して悟りを得ようとしなくてもよい。ただ信じてお願いすればよい。南無阿弥陀仏…。

 東と西に別れた理由とか、今回は触れない。平安末期の混乱の時代から、阿弥陀仏を信じて念仏を称えるだけで救われる仏教は、まだ生まれたばかりだからだ。


【御影堂の廊下から阿弥陀堂を眺める】

御影堂の廊下から阿弥陀堂を眺める121011

 国宝・重要文化財の書院や飛雲閣を拝観するには事前予約がいるらしいので、今回は諦めた。
 御影堂・阿弥陀堂は見学自由。勝手に上がって自由に見ていってくださいね、というのが西本願寺だった。


【御影堂から阿弥陀堂を眺める】

御影堂から阿弥陀堂を眺める121011


【御影堂から阿弥陀堂への渡り廊下】

御影堂から阿弥陀堂への渡り廊下121011


【どういうときに鐘を鳴らすのだろうか?】

何か合図の鐘を叩くところか…121011


【阿弥陀堂から御影堂を臨む】

阿弥陀堂廊下から御影堂を臨む121011


【阿弥陀堂への参拝の人々】

阿弥陀堂に参拝する信者たち121011


【龍谷大学のキャンパス】

龍谷大学キャンパス121011

 隣地の龍谷大学は、1639年に西本願寺が設立した「学寮」を起源とするらしい。敷地が隣接しているが仏教臭さはなく、キャンパスは国際色豊かという雰囲気だった。

2012年11月14日

  1. 南無阿弥陀仏(11/14)