FC2ブログ

観音信仰

2012.11.13(17:00)

三十三間堂全景121010

 小学生の頃に何回も読んだ『西遊記』。孫悟空は強いけれど、お師匠様とお釈迦様には頭が上がらない。何かと悟空とお釈迦様とのあいだに立ってくれて面倒を見てくれるのが観世音菩薩だ。
 いまでもそんなふうに憶えているので、観音様にはなんとなく親しみを覚える。
 観音信仰が盛んになったというのは、そもそものところはそんな親しみ、素朴な感覚なのではないか、と思うがどうだろうか。

 上の写真、実物もそうだけれど、写真にしてもさっぱりおもしろくない、やたらと長い建物がバカみたい。
 とはいえ、三十三間堂の三十三という数字はでたらめに選ばれたのではなく、観世音菩薩はあまねく衆生を救うために相手に応じて三十三の姿に変身するというところから、三十三は観音信仰に付きものの数字なのだ。
 過去記事の清水寺の本尊も観音菩薩で、清水寺は西国三十三箇所観音霊場の第十六番札所として栄えた。奈良時代のままの法相宗の学問寺ではなく、観音信仰のおかげでにぎやかになった清水寺だった。


三十三間堂正面121010

 三十三間堂は、後白河上皇が自身の離宮内に創建した法住寺の一角に建てられた蓮華王院法堂だった。本尊は千手観音だ。
 上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて1165年に完成した。(その後一度焼失して、再建されているので注意)
 『方丈記』を話題に出したから、すんなりと鎌倉時代に突入したいところだが、ぼくの頭の中は平安末期 = 鎌倉時代への移行期 ということになっている。


三十三間堂一部121010

 じつは三十三間堂は今回の旅行が初めてではない。二度目のはずだ。それなのに「通し矢」が行われた建物と憶えているだけで、千体の千手観音のことなどまったく憶えていない。
 まあ、若い頃に千体の千手観音など眺めたって、「これって何? 何の意味があるの? すごい数だな」でお終いだ。いや、いまでさえ、観音像を千体集めて並べるという発想に、何かしら力尽くのような、乱暴なものをおぼえて、心はやすまらない。
 じっくりと見ていくと、並んでいる像のどれもがよい出来ではないのがわかってしまうし…。
 本堂は鎌倉時代の建物で、国宝である。


太閤塀121010

 南側に太閤塀(重要文化財)というのがある。豊臣秀吉によって寄進された築地塀。方広寺大仏殿の外塀から移築されたそうだ。瓦に豊臣家の桐紋の文様が用いられていることから「太閤塀」と呼ばれる。

 拝観料を払っても通してくれるだけで何ももらえなかったので、帰りに「何かパンフレットのようなものはないのか」と尋ねた。パンフレットは300円だという。
 結局買わなかった。ほかの寺院は、たとえ薄くても何かしら説明書きをくれるのに…。
 いまのNHKのドラマは見ていない。見ていないけれど、「パンフレットは別に300円払え」という態度が、なんとなく後白河院と平清盛双方の傲慢さに通じているような気がしてならないのだった。


【日本大学生物資源科学部バラ園のバラ】(付録)

 10月31日に撮影してきた日大生物資源科学部バラ園のバラ、もう少し続けさせていただきます。
 バラの系統に、ハイブリッド・ティ、フロリバンダ などの系統がある、という話題を前々回のバラの記事で載せました。それぞれHT、Fなどの略号で示されますが、略号「N」というのが稀にあるようです。
 Noisette Rose と呼ばれる系統で、HTやFなどのモダンローズではなく、もっと古いオールド・ローズの系統だそうです。1812年に、フィリップ・ノアゼットが作出したものだそうです。
 今晩は、ノアゼット系のバラ3種を紹介します。


アリスター・ステラ・グレイ121031

 「Alister Stella Gray」 A.H.Gray という人が1894年に作出したイギリスのバラです。


マダム・アルフレッド・カリエール121031

 「Madame Alfred Carrière」 1879年に Joseph Schwartz が作出したフランスのバラ。


プリンセス・ドゥ・ナッソー121031

 「Princesse de Nassau」 1829年以前に Jean Laffay が作出したフランスのバラ。

 以上オールド・ローズ3種。なかなか味わい深い感じですね。

2012年11月13日

  1. 観音信仰(11/13)