FC2ブログ

宇治十帖の香り

2012.11.04(17:10)

【宇治十帖の香り】

建仁寺門121008

 今回の京都旅行の記事で何回か言及してきた『源氏物語』だが、概ね三部構成となっていて、第二部の「幻」の帖で源氏は紫の上の死を悲しんでほとんど引き籠もってしまい、「雲隠」の帖は題名のみで彼の死が暗示されて終わる。
 次に再開されるのは一般的に「宇治十帖」と言われる「薫」と「匂の宮」の若い世代の物語だ。
 さて、読み始めて驚いた。「薫」は生まれつき不思議な芳香を持つ体質で、容姿とその芳香が大人気。薫と仲のよい三の宮は薫りを放つ若君に負けまいとして、名香を苦心して調合し、それを衣服や髪にたきしめて、体臭のように身につけた。世人は彼を「匂の宮」と呼ぶようになる。
 どうも信じられないような世界の話だな、と首を傾げつつ京へ旅立った。


禅居庵の建物121008

 先に一度記事にした「六道珍皇寺」はその閻魔堂に怪しげな小野篁像を祀っているけれども、宗派でいえば臨済宗建仁寺派である。近くに「建仁寺」という大きな禅寺がある。
 この建仁寺に「禅居庵」という塔頭があり、ここで「石川・京都 香りの器」と題する展示が開催されていた。
 上は禅居庵の建物を撮影したつもりでいるが、どうだろうか。


禅居庵の藤袴121008

 禅居庵の藤袴。


香りの器展入り口121008

 「千四百年以上続く日本のお香の歴史。伝統工芸の盛んな二都市においても現代の作家による「香りの器」の競作は相互の交流を深め新たな工芸史に寄与していくだろう」とそういう趣旨らしい。すばらしい名品から「これはどうもなあ」と思う作品までさまざまだったが、席を設けて説明に当たっていたのはお香の制作販売を手掛ける老舗松栄堂(全国に7カ店を展開)の担当者だ。
 源氏物語の話題など出したところ、お香の元となる香木や、大ウイキョウ、丁子などの原材料を嗅がせてくれた上に、その調合、間接的に熱を加える空薫(そらだき)などの薫き方についてなど、親切に説明してくれた。

 平安京の貴族社会では、家ごとにお香の調合が工夫され、その香りでいま誰が廊下を通ったのかが区別できる、そういう世界だったはずだ、という話が出た。宇治十帖の世界が急に近く現実的になった瞬間だ。ようやく古典の世界が身近になった気がした。


摩利支天堂121008

 展示が開かれていた「禅居庵」には秘仏の「摩利支天」を祀る摩利支天堂があった。織田信秀(信長の父)の建立だという。


摩利支天堂斜め横121008

 建仁寺の説明によれば、「摩利支」は、古代インドの女神。三面六臂で七頭の猪に坐す姿だそうだ。から、亥年生れの人々の守り本尊として信仰されている、とのこと。
 写真に狛犬でなく狛猪が写っている。左側が見えないが、ちゃんと左右対となっていた。

 (注)建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山。開山は栄西、開基は源頼家。いずれ別途記事にする予定。


【盧山寺】(紫式部邸跡)

盧山寺の門121012

 源氏物語のついでに、この機会に「廬山寺」(ろざんじ)を紹介しておきたい。京都御所の東側、梨木神社の向かいに当たる。「紫式部邸宅跡」だそうだ。
 建物は天台宗のお寺として建てられたものであり、単に紫式部の邸宅があった跡に建てられたというだけなのだが、それが観光の売り物になっている。


盧山寺全景121012

 なお、紫式部は石山寺参篭のときに物語の着想を得たとする伝承があるが、物語を実際に書いたのは自邸で書いたはずだから、この地で庭など眺めながら筆を執ったということだろう。


源氏庭121012

 庭は「源氏庭」と名付けられているが、そうはいっても当寺の庭が残っているわけではない。


源氏庭3121012

 (注)盧山寺は天台系圓浄宗の寺院。

 ---------------------

 今晩は三日間の紅葉狩りに出かけていたかみさんが帰ってきます。
 この三日間、スキップとの付き合いで疲れましたがようやくほっとできます。

2012年11月04日

  1. 宇治十帖の香り(11/04)