FC2ブログ

百万遍 〜 付録にバラ園のバラの写真があります

2012.11.01(18:30)

百万遍知恩寺御影堂正面 121009

 百万遍念仏(ひゃくまんべんねんぶつ)とは、自身の往生、故人への追善、各種の祈祷を目的として念仏を百万回唱えることだ。
 日本にも平安時代に伝来され、浄土教の流行とともに盛んになった。
 最初賀茂の河原屋と呼ばれる草庵があり、賀茂の宮司が懇請して法然上人にここを布教の地としてもらった。
 法然の死後、その地に御影堂を建て功徳院知恩寺と名付けたのが当寺の起こりだという。
 1331年、後醍醐天皇の命を受けた当寺第八代目の善阿が七日間にわたって百万遍の念仏を行い、これによって疫病を鎮めたとされている。知恩寺の寺号「百万遍」はその時の褒賞として授けられた。


百万遍知恩寺御影堂と灯籠121009

 「百万遍知恩寺」には、観光客はほとんど訪れないようだ。広く静かで、境内にいるだけで心が落ち着く寺だった。
 この日10月9日、ぼくは蹴上げから南禅寺、哲学の道を歩いて銀閣寺、そこからさらに百万遍交差点まで歩いてきていた。疲れ果てて落ち着けるところに座っていたかった。
 ぼくは御影堂(本堂)に上がって僧侶の読経を十五分あまり聞いていた。
 同じようなことをしている若い女性客も一人いた。


百万遍知恩寺御影堂アップ121009

 この寺には御影堂に本尊として法然上人の木造を安置し、ほかに阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂、釈迦如来を祀る釈迦堂がある。じつはどれがどれだか記憶がはっきりしないが、一番大きいのが御影堂で、ふたつ並んでいるのが阿弥陀堂と釈迦堂だ、と考えるのが妥当だろう。
 パンフレットがない代わりに、どこでも自由にお入りくださいとなっているのだ。


百万遍知恩寺阿弥陀堂と釈迦堂121009

 この京都の散策記事は、けっしてでたらめに並べているわけではない。
 平安京の人々の思想・宗教を、時代を追いつつ概観しているつもりだ。陰陽道などの民間信仰や怪しげな迷信に始まり、奈良時代からの古い仏教、新しくもたらされた密教、そして浄土教の広がり、…と順を追ってきている。
 残念ながら浄土宗の総本山知恩院を訪ね損ねたので、このシリーズでは法然の思想を概観する機会がないかも知れない。ここで書けばよかったが、「百万遍」の名の由来にこだわって書き過ぎた。できれば浄土真宗の「西本願寺」の記事で少し触れることができればいい、と考えている。
 さて、このあとだが、京都を語るには平安京時代だけを語って済ますことはできない。平家など武士が勃興して、鎌倉時代、室町時代を経て、豊臣秀吉、徳川幕府の支配を受け、幕末から明治時代へと突入する。その歴史を追いかけてみよう、と思っている。
 観光地としての京都は、臨済宗の禅寺巡りが多くなるのがふつうだが、禅寺の記事がまだ出て来ないのは、単に順番が来ていないからに過ぎない。


百万遍知恩寺阿弥陀堂と釈迦堂2121009


京都大学構内121009

 百万遍知恩寺を出たあと、京都大学の前を歩いた。ノーベル医学・生理学賞を京大の山中伸弥氏が受賞されたので、京都のマス・メディアは前日から盛り上がっていた。そんな中で京大の前を歩いている偶然をおもしろく感じた。今出川通りをさらに出町柳まで歩く。京大前辺りから自転車が多く、歩道を歩いていても危ない感じがする。京都の中でも一番自転車が多い通りだった。
 出町柳から京阪電車でホテルまで帰った。
 上の写真は京都大学構内を覗いて撮ったもの。


【日大生物資源科学部バラ園のバラ】(付録)

デンティ・ベス121031

 「デンティ・ベス」Dainty Bass、かわいいエリザベスちゃん…でしょうかね。
 1925年、イギリス Wm. E.B. & Daughter Archer 作出のハイブリッドティーローズです。かなり人気があるようです。


ケニギン・ベアトリクス121031

 「ケニギン・ベアトリクス」(Koenigin Beatrix) ドイツのコルデス社が1983年に作出したハイブリッドティーローズ。
 オランダのベアトリクス王女に捧げられたバラだそうです。
 次回に、ハイブリッドティーローズとか、フロリバンダ系とかの説明をしたいと思っています。


 ---------------------------------

 明日は事情があってブログはお休みさせていただきます。

2012年11月01日

  1. 百万遍 〜 付録にバラ園のバラの写真があります(11/01)