FC2ブログ

Jude The Obscure

2012.10.27(18:30)

Jude The Obscure121026

 10月26日に開花したわが家のバラです。
  David Austin Roses Limited が1995年に作出したイングリッシュ・ローズ。
 注文したのはかみさんですから、いったいどんなバラかと思ったら、強い芳香がします。これはかなり特殊な香りで、なんと表現したらよいのかわかりません。
 もう少し開いたらまた撮影して掲載します。なかなか楽しみです。

 品種名に首を傾げてましたが、トマス・ハーディの小説のようです。翻訳名は「日陰者ジュード」、古典英文学の定番だとか…。
 下記は 英語版の wikipedia です。
 Jude the Obscure, the last of Thomas Hardy's novels, began as a magazine serial and was first published in book form in 1895. Its hero, Jude Fawley, is a working-class young man who dreams of becoming a scholar. The other main character is his cousin, Sue Bridehead, who is also his central love interest. The themes in the novel revolve around issues of class, education, religion and marriage.
 The book was burned publicly by William Walsham How, Bishop of Wakefield, in that same year.

 予告させていただいたように、今晩は京都の記事はお休みです。明日は京都の葬送の地「鳥辺野」の記事になります。

2012年10月27日

  1. Jude The Obscure(10/27)