FC2ブログ

ならの小川

2012.10.24(00:01)

上賀茂神社外幣殿121012

 10月12日、上賀茂神社へ辿り着いたのは午後三時少し前だ。十月ともなると、三次半頃になれば陽がかなり傾いたと感じ始め、今日の散策はもうここまで…、と諦めねばならない。神社や寺院の受付も四時で閉めてしまうからだ。
 旅行の初日には八坂神社が華美なばかりであまりにも風情がなくがっかりしていたので、この日もさほど期待はしていなかった。紫式部邸跡に建てられた廬山寺から相国寺などを回って賀茂川の畔まで出たとき、たまたまバス便があったので上賀茂神社まで来てしまった。
 予想はよい意味で裏切られた。
 写真は上賀茂神社で真っ先に目につく建物で「外幣殿」だが、檜皮葺きの屋根が優美で美しい。
 (注:「外幣殿」は上皇や摂関家などの偉い方々がお参りにこられたとき、真っ先にお通しする建物「著到殿」として使われていた、と立て札あり)


上賀茂神社楼門121012

 上賀茂神社というと旅行ガイドブックなどに必ず掲載される朱塗りの「楼門」も檜皮葺きで、八坂神社よりずっと上品に感じられる。


上賀茂神社の蝶と萩121012

 楼門を通ってお参りを済ませる。
 萩や藤袴が美しい。


上賀茂神社の藤袴121012

 秋の七草のひとつ藤袴の写真は当ブログでは初めてだ。


ならの小川横121012

 参拝を終えて上賀茂神社を後にしようとする頃、もう日は傾き初めていた。
 木々が生い茂る中を、川に沿って歩いて行く。水量がかなりある。あれは何か…。


ならの小川と紅葉縦121012

 抑揚をつけた、祈祷と掛け声の混じったような響きが聞こえる。彼らは神官たちらしい。


上賀茂神社ならの小川の禊ぎ121012

 木の間からのぞき見ると、肌の色がまぶしい。川の流れから上がると、輪になって儀式的な舞踊を行う。これが「禊ぎ」だろうか。

 風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける
 藤原家隆 が詠んだ百人一首の98番歌である。

 なんという偶然だろう、まさにこの歌とおなじような場面に出会っていた。
 (季節は夏ではなくもう十月で、水がずいぶんと冷たそうに感じられたが…)


葵橋からの賀茂川121012

 「ならの小川」と詠まれたこの川は、現在名は「明神川」という。
 今回の京都の旅では川にこだわった。古来から京都にとって水はとても大切だったからだ。陰陽師や密教の僧侶たちの祈祷においても「雨乞い」は重要な仕事だった。
 それに、「川」を知れば、京都の地理も容易に理解できる。
 上賀茂神社の脇を流れている川は「賀茂川」だ。
 写真は下流の葵橋から撮影した賀茂川である。


賀茂川合流地点121012

 「賀茂川」は下鴨神社の南方で「高野川」と合流し「鴨川」になる。
 上の写真で左側が高野川、右側が賀茂川、合流地点から先が鴨川だ。

 京の宿は鴨川に面して、十階のレストランからは高台寺ほか東山の寺院がよく見える。
 弁慶と牛若丸が出会ったとされる「五条大橋」西詰(西側の袂)から少し北へ歩いた「松原橋」のすぐ近くだ。本来の五条橋は、この松原橋の位置だという。伝説の牛若丸と弁慶の出会いはこの旧橋ということになる。
 豊臣秀吉が1589年に現在の五条通に架け替えさせた。
 こんなふうに、何かと「川」が脳裏を離れぬ旅となった。

 (注: 京都の上賀茂神社で「ならの小川」というのは紛らわしいですが、調べたところ「なら」は「楢」のようでした)

 -----------------------------------------

 帰宅してみると、旅行中に apple 社からPCのリコールの知らせが届いていました。
 近日中にハードディスクの交換のためもう一度数日間お休みさせていただきますので、ブログの再開日を少し早めました。

庭のプリンセス

2012.10.14(14:04)

プリンセス・ドゥ・モナコ121024

 旅先にかみさんから携帯電話のメールが入りました。
 庭でプリンセス・ドゥ・モナコが咲いた、と。
 モナコ公国王妃となった故グレース ケリーに捧げられたという、フランスのメイアン社1981年作出のバラです。
 休暇破りの記事ですが、本日一回限りです。本格的再開は25日頃になります。



梅林のヒガンバナ

2012.10.06(18:30)

梅林のヒガンバナ2129029

 9月29日、例のヒガンバナ嫌いの変人が梅林のほうは見落としているらしく、かなり良い具合に開いていました。


梅林のヒガンバナ3129029

 ただ、10月5日現在、影も形もないのは、梅林のほうまで手が伸びたか、それとも花の時期が終わったのか…。


梅林のヒガンバナ見上げ縦120929


梅林のヒガンバナ見上げ横120929

 これはもう、ほとんど地面に寝転がって撮影しています(笑)


根岸森林公園のランニング190929

 上のような、花のなぎ倒し事件の話題でブログを中断してはおもしろくないので、季節のよい秋、身体を鍛えようと頑張っている画像で締めくくりたいと思います。

 では、10月25日頃、またみなさんと再会いたしましょう。

初秋の花々 〜 東京都町田市・野津田公園(2012.9.12)

2012.10.05(18:30)

【ニラ】

ニラ120912


【ヤマノイモの雌花と果実】

ヤマノイモ雌花と果実120912

 ヤマノイモの雌花と果実を当ブログで記事にするのは初めてだと思います。
 結局は、多摩丘陵の自然が豊かだということでしょう。
 同じ多摩丘陵の中でも自然が豊かに残っているところが次第にわかってきて、ぼくは横浜の住宅地からじりじりと北西の方角へにじり寄りつつあります。


【イタドリ】

イタドリ120912

 イタドリというのは結構たいへんなのだ、とぼくに教えてくださったのはどなたでしたか…。
 上の写真を見ていると「確かに…」と思います。


【オオブタクサ】

オオブタクサ120912

 ひとつ上のイタドリも、このオオブタクサも、根岸森林公園でも見ることができます。
 これほどに大きくはならないので、野津田公園で見つけたついでに撮影してきたというだけですが、わが家の庭は何でも巨大化するところなので、イタドリやオオブタクサには気をつけなければいけない、と思います。

 ------------------------------

 さて、当ブログは明後日7日からしばらくお休みをいただく予定にしております。
 再開は25日頃を予定しています。
 休んだ以上は、また一段とレベルアップした画像をご覧いただけるようにならなければいけないなあ、とは思いますが、さてどうなることやら…。
 明晩は、できれば野津田公園の花々をもう一回続けさせていただきたいと思います。

初秋の木々(2)〜 昭和記念公園(2012.9.5)

2012.10.04(18:30)

【シラカシ】

シラカシ120905

 昭和記念公園にて9月5日に撮影した初秋の木々、続きですが、今晩で終わりにします。


【モミジバフウ】

モミジバフウ120905

 実が見えていますが、少しわかりにくいかも知れません。 


【ゴンズイ】

ゴンズイと道120905


ゴンズイアップ120905


【ホオノキ】

ホオの実120905


【ナンキンハゼ】

ナンキンハゼ120905


【シロバナハギ】

シロバナハギ120905


シロバナハギ2120905

 ネットで調べたところ、ミヤギノハギの変種とありましたが、詳しいことはわかりません。

初秋の木々 〜 昭和記念公園(2012.9.5)

2012.10.03(18:30)

【プラタナス】

プラタナスの紅葉120905


プラタナスの実120905


【クスノキ】

クスノキの実120905


【トウネズミモチ】

トウネズミモチの実120905


【モッコク】

モッコクの実120905


【エンジュ】

エンジュの実120905


エンジュの実2120905


エンジュの枝2120905


 -----------------------------

 初秋の木々の様子をお楽しみ下さい。
 エンジュは自宅付近では見られないので、昭和記念公園まで出かけてよかったと思いました。
 女郎花、萩、彼岸花、水引など、試行錯誤しつつ迷った写真の掲載を終えて、本日はリラックスして気軽に記事を書きました。

9月26日のヒガンバナ

2012.10.02(18:30)

ヒガンバナ二輪遠景チカラシバ120926

 根岸森林公園には、ヒガンバナが咲くと片っ端からなぎ倒して歩く変人が出没します。
 このヒガンバナも、29日には無残になぎ倒されていました。


ヒガンバナ紅とチカラシバ120926

 だから、咲いたらいち早く見に行かなければなりません。
 なぎ倒されないうちに…。


ヒガンバナ紅二輪横2120926

 スキップとの夕刻の散歩の際に、ヒガンバナの開花を確認。
 翌朝は真っ先にカメラを持って出かけて行きました。


ヒガンバナ紅二輪背景つぼみ真横から120926


ヒガンバナ二輪背景つぼみ縦120926


ヒガンバナ紅Olympus120926


 -----------------------

 昨日気がつきましたが、玄関前のシンボルツリー ヒメシャラの横のところに、いきなりこの色のヒガンバナがすっくと立ち上がり、花を咲かせました。
 自然を尋ねる人 さんの堂々川では球根を植えて増やしているとのことですが、住んで約二十年のわが家の庭に突然ヒガンバナが現れる…。どういう繁殖の仕組みと偶然の重なり合いかと、とても不思議です。

 本日の午後は慶應病院の神経眼科の検査と診察です。
 三ヵ月ごと午後三時半の予約ですが、いままでの例だと精算して薬をもらうのが午後八時〜八時半。
 この記事の投稿も予約投稿で、今晩のブログ巡りは事実上のお休みとなってしまうでしょう。

2012年10月

  1. ならの小川(10/24)
  2. 庭のプリンセス(10/14)
  3. 梅林のヒガンバナ(10/06)
  4. 初秋の花々 〜 東京都町田市・野津田公園(2012.9.12)(10/05)
  5. 初秋の木々(2)〜 昭和記念公園(2012.9.5)(10/04)
  6. 初秋の木々 〜 昭和記念公園(2012.9.5)(10/03)
  7. 9月26日のヒガンバナ(10/02)
前のページ 次のページ