FC2ブログ

八百屋お七の墓など

2012.07.29(18:30)

 下の地図の「A」のところに「八百屋お七の墓」がある、というので捜しました。
 本駒込の交差点の上のほうに「吉祥寺前」の交差点がありますが、そこをさらに北(上)のほうへ行ったところに「駒込・富士神社」があり、そこから歩いてきて「白山駅」付近を目指して下りてくるのです。
 「下りてくる」という表現は適切です。文京区白山というのは坂の上下に広がった町。ただ、坂がたくさんあって、どれが「八百屋お七」の墓のある「円乗寺」なのか見つけるのが大変でした。



大きな地図で見る


円城寺120704

 上のような路地の奥が円城寺で、奥の本堂(たぶん)の左側に八百屋お七の墓がありました。


八百屋お七の墓全景120704

 Wikipedia の記載によりますと、
 ----お七は天和2年12月28日(西暦1683年1月25日)の大火(天和の大火)で檀那寺(駒込の円乗寺、正仙寺とする説もある)に避難した際、そこの寺小姓生田庄之助(吉三もしくは吉三郎とも、または武士であり左兵衛とする説もあり)と恋仲となった。翌年、彼女は恋慕の余り、その寺小姓との再会を願って放火未遂を起した罪で捕らえられ、鈴ヶ森刑場で火刑に処された。遺体は、お七の実母が哀れに思い、故郷の長妙寺に埋葬したといわれ、過去帳にも簡単な記載があるという。----

 では、なぜいま円城寺に墓があるのか。むずかしい質問はなさらないようにお願い申し上げます(笑)


八百屋お七の墓供養塔120704

 最初に供養塔をたてたのが歌舞伎役者の初代岩井半四郎だったことがわかります。


八百屋お七の墓の備えられた花々120704

 ご覧のように花がたくさん供えられていまして、恋の物語にはみなさん甘くなるようです。


【吉祥寺】

吉祥寺120704

 ところで、本稿の最初に出てきた吉祥寺ですが、武蔵野市吉祥寺の地名は、明暦の大火で当寺の門前町の住民が住居を失い、五日市街道沿いの当地に移住し開墾したことに由来するもということで、本家はこちらのようです。
 現在は曹洞宗の寺院ですが、都会のまっただ中とはいえ、境内は立派でした。


吉祥寺鐘楼120704


吉祥寺本堂前120704

 ---------------------------

 ここ一週間ほど、心臓の調子が悪く、抜ける不整脈が頻発し、外出は控えざるを得ない状況です。
 火曜日に診察がありますが、医師の薦めがあれば二回目の手術に挑戦しようかと考えております。
 たまに面倒になって「休んでしまおうか」と思うときもある今日この頃ですが、自分の活動記録でもありますしね。思い出して書くことで、歴史や地理などの復習にもなっている。勘違いを教えていただけることもあるし。
 それと、またいずれ一週間くらい休みを取らざるを得なくなりそうですし…。いまのうちにできるだけ…、とも思うのでした。

2012年07月29日

  1. 八百屋お七の墓など(07/29)