FC2ブログ

わが家のハマユウ

2012.07.26(18:39)

ハマユウOlympus 120725

 植物学上はハマオモトでよいとのことです。暖地の浜辺の大型草本がなぜわが家にあるのでしょうか。
 おそらく三男坊の祖父が故郷を後にしたとき、葉山付近の海岸からわが家の庭へ移植したのではないか、と想像しています。
 改造後のわが家の庭が見えています。


ハマユウOlympus縦アップ120723

 万葉集に柿本人麻呂の歌があるそうです。夜間に芳香を強くするとありますが知りませんでした。
 今晩確かめてみたいと思います。
 上二枚と、下以降、レンズとカメラが違います。


ハマユウVANON横アップ120723

 ヒガンバナ科ハマオモト属。そう言われてみると、ヒガンバナと似たような咲き方をします。


ハマユウ縦CANON全体120723

 天神島臨海自然教育園の方と話をしていたとき、「害虫被害は大丈夫ですか?」と訪ねられました。
 この海岸公園は浜木綿はまゆうとスカシユリで知られています。(スカシユリの写真のメモリを消去した話は以前ここで語りました)
 浜木綿は害虫が付きやすいのだそうです
 じつはわが家は毎年ここへ植えっぱなし。何のケアもしていません。


ハマユウ背景枕木CANON120723

 庭のドクダミやメヒシバがあまりにもひどいので、枕木を等間隔で敷き、そのあいだを砂利で埋め、ところどころにグラウンドカバーになるというヒメイワダレソウを植えていますが、過去1ヶ月のあいだにヒメイワダレソウがかなり広がっています。
 上の写真では枕木の様子がわかるところを背景にしています。
 背景が明るい中で白いハマユウを撮るのはなかなか気を遣います。


ハマユウCANON縦アップ120723

 花が大きく広がっているので、被写界深度に気を遣います。かなり強い絞り加減で撮影し、なおかつアンシャープネスの力も借りています。


〈付録クイズ〉これは何でしょう?

これは何でしょう120723

 回答はこの花を記事にしたときに書くことにします。
 蟻が写っているので、大きさがわかりやすいでしょう。

2012年07月26日

  1. わが家のハマユウ(07/26)