FC2ブログ

港の見える丘・イギリス館のバラ

2012.05.27(18:30)

イギリス館のバラ120523

 5月23日、港の見える丘公園付近を散策しました。
 お目当てはイギリス館のバラ園です。
 イギリス館は、昭和12年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。 昭和44年に横浜市が取得し、コンサートや会議等に利用されています。
 本日は明日からの休暇を控えていろいろと準備があり、写真2枚だけとさせていただきます。


イギリス館のほのか

 「ほのか」は、2004年京成バラ園作出の四季咲中輪バラです。クリーム色の花弁を桃紅色が縁取る様子が上品で、好感をおぼえます。フロリバンダ系です。Floribunda は、花束を意味する語で、中輪で枝分かれをしてたくさんの花を咲かせる種類を言うのですが、バラの品種についてよく出てくる言葉なので憶えておくと便利です。

 23日はこのあと日大生物科学資源部(藤沢キャンパス)のバラ園も訪ねて、1日で700枚以上の写真を撮っています。5月11日の鎌倉散策でも「光明寺」という大物紹介が残っていまして、庭でも次々と花が咲いてますし、これで月曜日から一週間休んでしまうとどうなるのか、ちょっと心配でもあります。
 「ディックの本棚」でも、美術展や読書の感想で書いていないものが残っています。
 休んでいる最中に花菖蒲や紫陽花が咲き始めそうですし、復帰後はまたずいぶんと忙しくなりそうです。

 それでは、また6月3日~4日頃に当ブログでみなさんをお迎えできるでしょう。
スポンサーサイト




2012年05月27日

  1. 港の見える丘・イギリス館のバラ(05/27)