FC2ブログ

トキワツユクサ

2012.05.24(18:30)

トキワツユクサとアブ120513

 わが家の玄関前に小さな繁みを作っているトキワツユクサです。ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草。
 大きく見えるかも知れませんがそれはマクロレンズで撮影しているからで、とても小さな花です。背丈は15cm くらい。伸びても20cmを少し越えるくらいです。


トキワツユクサ花のアップ120513

 三浦半島などに見られる背丈80cm 以上にもなるオオトキワツユクサとは明らかに別種です。
 茎が濃くくすんだ赤色をしているのがわかると思います。茎は細く、なよっとしています。オオトキワツユクサは太くがっしりしています。オオトキワツユクサは、わが家のトキワツユクサと比較すると、花の直径は約3倍、茎の直径は4倍以上、葉の長さも約3倍、地面から立ち上がる高さは4倍以上の大きさに見えます。


トキワツユクサの立ち姿120513

 わが家の周辺の住宅地で見られるのはトキワツユクサばかりで、オオトキワツユクサは見られません。
 玄関前ではヒメツルソバと勝負していますが、ヒメツルソバは冬に枯れて汚くなるので、ぼくはトキワツユクサのほうを贔屓しています


トキワツユクサ花のアップ120507


【これは何?】(5月16日)

駐車場脇のスミレ120516

 駐車場の横の縁石のところにこれが出てきたのは二回目。
 前回のときは下側の花弁の筋が真ん中一本しかありませんでした。
 スミレの仲間なのでしょうか? スミレについては知識も経験もほとんどなく、タチツボスミレとツボスミレがわかる程度につき、「これは何でしょう?」をやることにしました。

 新兵器「アングルファインダー」(逆潜望鏡のようなもの)のおかげで、低い花、小さい花であっても頸を痛めずしっかりとフォーカスを合わせることができるようになってきました。向きの調整など、まだ多少戸惑いますが、便利です。

2012年05月24日

  1. トキワツユクサ(05/24)