FC2ブログ

花屋さんで広がるコミュニケーションの輪

2012.05.21(17:57)

花屋さんで広がるコミュニケーションの話120320

 月に一回花の苗を預かって、自宅前の私道で販売するということを、かみさんは何年か続けていましたが、一昨年父が亡くなる一月前にやったのが最後になっていました。
 中断中にパートナーだった花屋さんもその仕事を辞めてしまい、再開はもう諦めていました。
 今春、わが家の庭のプランと再生を手がけてくださったガーデナーのTさんとのあいだで、路上花屋さんの話が思いがけず復活できることとなりました。

 近所の方々の再開への期待もありまして、5月19~20日、かなりの賑わいでした。
 ご近所付き合いと言っても、何か共通の話題でもない限り、現代人のお付き合いは希薄になっていますが、こうしたちょっとしたイベントがあると、みなさんかなり長時間ぶらついて話し込んでいきます。今年は「お庭がきれいになりましたね。見せていただけますか」というふうに話が弾むことがあり、「こちらの方にやっていただいたのですよ」とTさんを紹介するケースもあって、コミュニケーションの輪が広がっていきます。


久しぶりの路上の花屋さん120520

 上の写真でお客様が乗っていらしたベンツの左側を下りたところに叔母の家があります。
 ベンツのすぐ左にフェンスがあり、ぼくが毎年紹介しているトケイソウはそのフェンスで咲いています。


叔母の家のトケイソウ復活120520

 このトケイソウはもう何年もずっと楽しませてくれていましたが、一昨年くらいから勢いをなくし、昨年は花数がとても少なくなって、「いよいよもうダメだろう」と諦めていたのですが、今年は勢いを盛り返して復活しています。
 ベンツの写真の左下の葉はアオダモで、アオダモはすでに紹介させていただいたわが家のウッドデッキの「くり抜き穴」から出てきています。
 そのデッキの脇にピンクのバラがありまして、今ごろになってようやく花を咲かせ始めました(↓ 下の写真)


20日朝はビンクのバラがお出迎え120520


 20日の早朝の写真です。
 19日の夜、Tさんが持ち込んだ一部の花苗はわが家の庭で一晩過ごしました(↓ 下の写真)


花は一晩をわが家の庭で過ごす120520


わが家の庭を背景に花屋さん120520

 以前は北東向きの道路のほうで花屋さんをやっていました。
 今回は新しく改装した庭を背景に花屋さん。このほうが明るくて、賑わいも増すようです。


ご近所の方たちが朝からいっぱい120519

 数年前からの花好きのお客様がみなさんよろこんでくださって、それが何よりもこの活動の支えです。


二、三秒の金環日食 ~ ラッキーでした!

2012.05.21(08:20)

 7時20分過ぎから自宅前へ出てお隣のOさん宅ご夫婦と、「ときどきちらっと見えますね」とか話をしていました。
 雲が分厚くたまに切れる程度なので、肉眼のほうが見えることもあれば日食レンズをしていないと見られないこともある。
 7時27、8分頃、薄い雲のフィルターを通して丸いリングが2、3秒、肉眼でくっきりと見えました。フィルターは必要なし。薄くなった雲がフィルターの役割をしてくれました。
 直後に、太陽はまた分厚い雲の背後に隠されてしまいました。
 金環日食の最中の2、3秒間だけ、わずかに雲に切れ間ができたという偶然でした。
 8時近くなって雲の切れ間が大きくなり、半分くらい欠けた太陽を日食フィルターで見ることができるようになりましたが、一度太陽のリングを見てしまうと、ちっともおもしろくありません(笑)

2012年05月21日

  1. 花屋さんで広がるコミュニケーションの輪(05/21)
  2. 二、三秒の金環日食 ~ ラッキーでした!(05/21)