FC2ブログ

鎌倉・本覚寺

2012.05.16(19:13)

本覚寺本堂120511

 5月11日、久しぶりの快晴なので、この機会に鎌倉でまだ行ったことのない寺など訪れてみようか、と出かけました。
 本覚寺(ほんがくじ)は鎌倉市小町1-12-12ですから駅東口から近い。日蓮宗の寺で、身延山の久遠寺にあった日蓮の遺骨を分骨したため「東身延」とも呼ばれるそうです。


本覚寺本堂のアップ120511

 Wikipedia によりますと、「現在の本覚寺の山門がある場所の前には、夷堂と呼ばれる堂があった。この夷堂は、源頼朝が鎌倉幕府の開幕の際に、幕府の鬼門にあたる方向の鎮守として建てたとされ、天台宗系のものであった。1274年に佐渡配流から帰った日蓮が一時、この夷堂に滞在し、辻説法などの拠点としていた。その後の1436年に一乗院日出が日蓮にゆかりの夷堂を天台宗から日蓮宗に改め本覚寺を創建した」ということのようです。「後に身延山を再興した第2世の行学院日朝は、身延山への参詣が困難な老人や女性のために、身延山より日蓮の遺骨を分骨して本覚寺に納めた。」このため本覚寺が「東身延」と呼ばれるようになったということです。


本覚寺のアヤメ120511

 本堂前のアヤメです。


本覚寺分骨堂120511

 上が日蓮御分骨堂。身延山より移した日蓮の分骨を祀っています。


本覚寺夷堂120511

 上は昭和56年に再建された夷堂だ。


夷堂内部120511

 夷堂の内部の様子です。


夷堂のシラーベルビアーナ120511

 夷堂前に咲いていたシラー・ベルビアーナです。


【ウラジロチチコグサの花?】(特別付録)

ウラジロチチコグサの花

 これが花なのか、穂が開いたのかわかりません。
 おそらく、穂から綿毛を飛ばした後、萼か総苞が開いて残ったものだろうと思われます。(結論は、花はシベなどがちらとのぞいて漏れ出ることがあっても開かない、ということでしょう)
 自分で撮ったことがあるのを思い出して、捜してきました。

2012年05月16日

  1. 鎌倉・本覚寺(05/16)