FC2ブログ

玉川上水沿道を歩く~4月1日San Poの会 のウォーキングより

2012.04.18(18:30)

玉川上水120401

 4月1日 「San Poの会 特別企画」の続きです。
 国分寺近くの「日立中央研究所」で「野川の水源」を見学、構内の「サクラなどの自然」を満喫したあとは、国分寺駅近くで簡単に昼食を摂った後、西武国分寺線で2駅目の鷹の台駅へ移動しました。
 ここから玉川上水沿いに小金井公園までのウォーキングです。
 上が「玉川上水」の様子です。下がその沿道の様子。よいところでしょう?


玉川上水の沿道を歩く120401

 玉川上水(たまがわじょうすい)は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水(上水道として利用される溝渠)で、江戸幕府が命じて玉川兄弟に工事を請け負わせたとか…。それで「玉川上水」という名前になったようです。


【これは何でしょう?】

玉川上水のジロボウエンゴサク120401

 玉川上水の崖で見つけました。一見ジロボウエンゴサクのように見えます。近づけないので望遠レンズで撮影しています。
 なんかジロボウエンゴサクとは葉が違うような感じがしています。
 どなたかお助けください。

 追記: 昨晩この記事を予約したあと、どうもムラサキケマンのような気がする、と思っていました。決定的なのはでしょうか。樂さんブログ「楽のデジカメ散歩」の記事で拝見したムラサキケマンとこれは同じように見えます。ぼくはいままでムラサキケマンを見たことがありません。
 20:50 現在、地理佐渡さんとmico さんから「ムラサキケマン」のように見える、とのご指摘をいただいていますし…。


【小平市下水道ふれあい館】

小平市下水道ふれあい館120401

 途中、「小平市下水道ふれあい館」(入場無料)に立ち寄りました。


下水道本管120401

 展示内容が充実しています。地下5階では巨大な下水道本管(確か直径5.何とかメートルと説明を受けました)の中へ入って実際に見学することができます。
 季節によっては、あるいは、集中豪雨などがあるとこの管がいっぱいとなるそうです。


下水道本管へ通じる防水ドア120401

 本管への入口は二重の防水・防圧扉で仕切られています。写真には一枚しか写ってませんが扉は二枚あります。係の方が私たちの目の前でこれを開いて、本管の中へ案内してくださいました。


【平櫛田中彫刻美術館】

 もう1ヵ所立ち寄ったのは小平市平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)彫刻美術館とその記念館です。
 明治生まれで岡倉天心を尊敬し、小平市にアトリエを構えて107歳まで創作活動を続けた日本での木彫り彫刻家の第一人者とのこと。横浜美術館には大きな岡倉天心像が常設展示されているのを、ここを見学した後で気がつきました。
 詳細は下記「ディックの本棚」に見学記がありますのでご参照ください。

 クリックしてください → 小平市 平櫛田中彫刻美術館 2012年春季展示

【これは何でしょう?】 
 
 さらにウォーキングは続きます。目的地小金井公園はまだずっと先です。

もしかしてクサボケ120401

 地面を這っています。これがクサボケなのでしょうか。


これは何?120401

 これが何だかわかりません。ぼくは初めてです。どなたか教えていただけると助かります。
 もしかして、ヒサカキとか…。nakamura さんのブログ「土のうた」で見たような…。
 

2012年04月18日

  1. 玉川上水沿道を歩く~4月1日San Poの会 のウォーキングより(04/18)