FC2ブログ

谷保天満宮から城山公園へ ~ 第61回San Poの会 の記録

2012.04.23(18:00)

谷保天満宮へのお参り120415

 一橋大学を出て、国立駅前からまっすぐ通っている桜並木の道をひたすら歩いて行きますと、やがて南武線の谷保駅の横へ出て、その先が「谷保天満宮」です。
 谷保天満宮の公式ホームページでは「交通安全発祥と学業の神」ということで、東日本における天満宮としては最も古く、湯島天神、亀戸天神とならび関東三天神と称される、そうです。


神社のニワトリ120415

 上は神社境内の鶏。こういうのを何というのか、ぼくは知識がありません。
 「交通安全発祥の地」というのがいったい何なのかといいますと、「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑というのがありまして明治41年8月、宮様ご先導による「遠乗会」と称されたわが国初のドライブツアーが谷保天満宮を目的地として開催された証として石碑がある、ということです。宮様御一行は拝殿に昇殿参拝の後、帰途に就かれ、故障や事故もなく無事に東京に戻られました。これが谷保天満宮が交通安全発祥の地たる所以だそうです。
 なお「野暮天」という言葉の由来はこの神社にあるという語源の由来説があります。これは太田蜀山人が読んだ狂歌に「神ならば出雲国へ行くべきに目白で開帳やぼのてんじん」と詠んだことから生まれた説で、それ以前から「野暮」という言葉は存在していたから語源は「谷保天神」とは無関係と、 ネットの「語源由来事典」にはありました。


ミツバツツジ120415

 谷保天神にお参りしたあとは、住宅街をぶらぶら散策しつつ谷保の城山へ向かいます。
 国立市のこの付近はとても豊かな感じで、立派な庭付きのお宅が多いようです。
 上はあるお宅のミツバツツジ。ここのご主人も庭へ出て、庭木の手入れをされていました。


ニリンソウ120415

 谷保の城山は鎌倉時代初期の豪族「三田氏」の城館跡です。段丘林を生かした公園となっていて、さまざまな植物が見られます。ここでぼくは初めてニリンソウを見ることができました。


ハナダイコン120415

 ある家の裏の庭で、伐採したばかりのケヤキの大木で家族でベンチを作っていました。傍に大きな切り株が見えます
 縦にカットした木の肌をお子さんたちがサンドペーパーで磨くなどしていました。大木に驚いて写真を撮りたかったところですが、奥さんやお子さんたちが写ってしまうので遠慮しました。先日の暴風でケヤキが傾き、家へ倒れかかりそうになったので伐採したとか。「重機を入れないと無理でしょう? ずいぶんお金が掛かったのでは?」と質問すると、「たまたま隣接の東京都の敷地でも同じ理由で大木を伐採中だつたので、頼んでやってもらった」と三十歳代くらいのご主人が説明してくださいました。
 「こんな立派な木をもったいない。家のほうじゃなくて木を保存しなくてはいけないんじゃない?」なんてメンバーのTさんは気楽な冗談を言ってましたが、帰り際に表札を確認すると「三田」さんでした。ありゃあ、あの人はもしかしてこちらの大地主だったか…、とびっくりしました。
 上はさまざまな呼ばれ方をしていますが、ぼくはハナダイコンと呼んでいます。今年は咲き始め、ピークとも異常に遅く感じます。


城山公園のムラサキケマン120415

 初めての植物に一度遭遇すると、そのあとどんどんと見つけるようになるから不思議です。
 ムラサキケマンです。


城山公園のシャガ120415

 シャガ(アヤメ科)ですね。


城山公園の古民家120415

 このあと、古民家など見てからハケ下の散策路をさらに歩きます。国立には多摩川の河岸段丘が三つあります。
 城山と古民家の西側には、ヤクルト中央研究所があり、その研究所敷地とハケ(崖線)の隙間に「ハケ下散策路」と呼ばれる木道がずっと続いているのです。
 
 ----------------------------------

 本日はこれを予約エントリーする頃、平塚共済病院からの帰りだと思いますが、何かとせわしなく、みなさんのところへお伺いするのがしばらく不定期な状態になるかも知れません。ご容赦お願いいたします。

庭のユキヤナギ

2012.04.22(18:30)

庭のユキヤナギ逆光120402正式版

 わが家の北東向き花壇のユキヤナギです。
 植えられている場所の位置関係から、木の形があまり整わず、写真を撮影する位置や時刻も限られてきて、かなり難度の高い撮影とならざるを得ないのがやっかいです。


庭のユキヤナギ縦120402正式版

 もう一本、毎年撮影していたユキヤナギは大きくなりすぎて、庭の改造のためにはどうしても抜かざる得なくなりました。もともと無理矢理に家の周りに道路を通した経緯があり、向きなどを考えると、そういう木はどうしても出てきてしまいます。ある程度思い切ってやらないと、庭ではなくて「山中の藪」になってしまうので、かなりの木を伐らなければいけませんでした。


庭のユキヤナギ背景壁横120402正式版

 春になり、あちらこちらへと出かけていって写真がたくさん撮れてくると、記事にするのが忙しくなり、ひとつひとつきちんと現像・レタッチ処理をやっていられなくなって、なんとなく荒っぽい仕上げのままブログへ掲載してしまうことが多くなってきました。
 ちょっと反省しています。
 今回の画像は4月22日朝、現像・編集をすべてやり直しました。


庭のユキヤナギ120407正式版横


庭のユキヤナギ縦120407正式版


庭のユキヤナギ縦アップ120408正式版



庭のユキヤナギ縦120408正式版

一橋大学見学~San Poの会第61回記録記事(1)

2012.04.21(18:30)

一橋大学前の枝垂れ桜120415

 4月15日(土)のSan Poの会 第61回の記録記事です。
 今回のコースは、JR国立駅~駅前からの桜並木~一橋大学見学~谷保天満宮~谷保 城山公園~ハケ下散策路~くにたち郷土文化館~矢川緑地~西国立駅 というものですが、今回はとりあえず一橋大学見学だけで第1回の記事といたします。
 最初の写真は一橋大学西キャンパス前の枝垂れ桜です。
 JR国立駅からの通りは桜並木でしたが、ソメイヨシノはすでにほとんどが葉桜。枝垂れ桜など、遅咲きの桜がこのようにところどころにあって楽しめました。


一橋大学構内120415

 San Poの会のリーダーのNさんは事前に電話で見学予約を手配されていて、構内見学は簡単に入ることができました。一橋大学は通りを挟んで東キャンパスと西キャンパスに別れていました、私たちは西キャンパスに入りました。
 一橋大学は森有礼と福澤諭吉が明治8年に開いた商法講習所が元だそうです。戦前は東京商科大学という単科大学で、少人数教育を重視する比較的小さな大学です。 


一橋大学構内3120415

 上の写真は最初に目立つ建物、兼松講堂といいます。
  株式会社兼松商店とてう会社からから寄贈を受けたもので、昭和2年に創建されたロマネスク様式の建物。国の登録有形文化財に選ばれているそうです。

一橋大学時計台120415

 時計台があるので、何時頃に撮った写真かわかりますね。
 この建物は大学図書館ということのようです。


一橋大学構内の枝垂れ桜と学生たち120415

 国立駅からの桜並木が終わっていたのは残念ですが、大学構内の枝垂れ桜は満開でした。


一橋大学構内5120415

 図書館の裏側へ回っています。


一橋大対都市大120415

 途中お弁当を食べてから、野球場を一巡り。一橋大対都市大の試合。都市大が東京都市大の略ならば、旧武蔵工業大学のことですね。
 桜に囲まれた野球場の雰囲気がいい。
 こうしていると、学生時代のあの頃に戻りたい、という想いが…。


一橋大構内6120415

 もう一度兼松講堂の前を通って、一橋大学を後にします。

 ----------------------

 今晩は 第62回の「San Poの会」があるため、この記事は予約投稿です。みなさんのところへはおうかがいするのは、たぶん明日になると思います。

馬の博物館の八重桜(4月15日)

2012.04.20(17:30)

八重桜全体像120417

 毎年ソメイヨシノが散り終えた頃に満開になる「馬の博物館」のヤエザクラ。色の濃い八重桜は苦手ですが、これは白が主体で、花弁が繊細、ボテボテ感がさほどなく、優美な感じです。
 木全体の様子も、枝を伸ばした様子も、あるいは近寄ってみてもなかなかよい。いままでどうしてあまり注目してこなかったのか。八重桜に対して「ぼてぼてしていてあまりよくない」という思い込みがあったのかも知れません。


八重桜シベの様子120417 〈雌しべが退化した様子〉


 品種がわからないのですが、近寄ってよくよく見ると、雌しべが退化し、緑色になって長く伸びています。木全体は横に広がり笠のよう…。ということで、第一候補としては「花笠」でしょうか。
 「みんなのさくらブック」という本を調べて書いているだけなので、ほんとうはどうなのかはわかりません。
 調べていくと、八重桜というのは雌しべが退化して葉のようになっているものが多いようです。


馬の博物館を背景にした八重桜120417

 左側からの枝、左の手前に大きく伸びている枝はオオシマザクラです。
 右奥側が八重桜です。


八重桜の下がった枝120417


八重桜伸びる枝アップ120417


八重桜点在120417


八重桜二房横並び120417


八重桜二房背景クリーン120417

 --------------------------------

 明日は San Po の会 があります。
 明日は予約投稿にて一橋大学見学記を予定していますが、みなさんのところへはお邪魔できない可能性もあります。本記事へのご返事も遅れるかも知れません。ご容赦くださいませ。

玉川上水沿道から海岸寺へ

2012.04.19(17:14)

【海岸寺】

海岸禅寺山門120401

 4月1日、San Po の会 の記録記事の最終回です。
 日立中央研究所の野川水源を見学した帰りは、鷹の台駅から玉川上水沿道を歩き、最後に都立小金井公園へ向かいました。
 小金井公園の手前に臨済宗妙心寺派の海岸寺があります。
 あまり知られていないようですが、上の写真の山門、境内の松の木など、佇まいに風格があり、とてもよい雰囲気でした。
 臨済宗妙心寺派は末寺3,400余か寺を持つ臨済宗最大の宗派で、若い頃京都へ旅行したとき、妙心寺町の佇まいがすっかり気に入って歩き回ったことを思い出します。
 海岸寺は享保年間にこの付近の農民の要望で建立された、と立て札の説明書きにありました。
 山門の建築年代は不明とされていますが、様式は鎌倉時代のものが踏襲されているそうです。萱葺きであるところが気に入りました。


海岸禅寺境内120401

 境内の様子。左側に見えている松は本記事の4枚目の写真でまた出てきますが、ずいぶんと立派なものでした。


【境内の花 ~ これは何でしょうか?】

これは何? 4120401

 まったく見当が付かないのですが、どなたかお助けください。


【海岸寺境内の松と山門】

海岸禅寺の松と山門120401

 境内から大きな松を左に、右奥が山門の内側です。


【山門の屋根】

海岸禅寺の屋根120401

 気に入ると何回も出てきます(笑)


【キジバト】

キジバト120401

 玉川上水の沿道で何回も見かけていましたが撮影に失敗。最後になってようやく撮ることができたキジバト。
 キジバトを見たのはこれが初めてです。羽の模様がきれいですし、みなさんのブログで拝見していたため、すぐにわかりました。
 以前あれほど見たかったウグイスカグラ、一度金沢自然公園で見つけて憶えたら、日立中央研究所にも玉川上水の沿道近くにも、次から次へと見つかります。写真を撮る気にもなれない。こんなものでしょうか…。

 さて、この日は日曜日だったので、San Poの会恒例の銭湯、懇親会はありません。
 夕刻小金井公園にて解散し、ぼくはリーダーのNさんとともにバスで武蔵小金井駅へ出て帰宅しました。
 午前中10時からでしたから、ずいぶんと歩きました。
 
 -----------------------------

 明晩は「馬の博物館」からとても美しいヤエザクラを紹介の予定でいます。

玉川上水沿道を歩く~4月1日San Poの会 のウォーキングより

2012.04.18(18:30)

玉川上水120401

 4月1日 「San Poの会 特別企画」の続きです。
 国分寺近くの「日立中央研究所」で「野川の水源」を見学、構内の「サクラなどの自然」を満喫したあとは、国分寺駅近くで簡単に昼食を摂った後、西武国分寺線で2駅目の鷹の台駅へ移動しました。
 ここから玉川上水沿いに小金井公園までのウォーキングです。
 上が「玉川上水」の様子です。下がその沿道の様子。よいところでしょう?


玉川上水の沿道を歩く120401

 玉川上水(たまがわじょうすい)は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水(上水道として利用される溝渠)で、江戸幕府が命じて玉川兄弟に工事を請け負わせたとか…。それで「玉川上水」という名前になったようです。


【これは何でしょう?】

玉川上水のジロボウエンゴサク120401

 玉川上水の崖で見つけました。一見ジロボウエンゴサクのように見えます。近づけないので望遠レンズで撮影しています。
 なんかジロボウエンゴサクとは葉が違うような感じがしています。
 どなたかお助けください。

 追記: 昨晩この記事を予約したあと、どうもムラサキケマンのような気がする、と思っていました。決定的なのはでしょうか。樂さんブログ「楽のデジカメ散歩」の記事で拝見したムラサキケマンとこれは同じように見えます。ぼくはいままでムラサキケマンを見たことがありません。
 20:50 現在、地理佐渡さんとmico さんから「ムラサキケマン」のように見える、とのご指摘をいただいていますし…。


【小平市下水道ふれあい館】

小平市下水道ふれあい館120401

 途中、「小平市下水道ふれあい館」(入場無料)に立ち寄りました。


下水道本管120401

 展示内容が充実しています。地下5階では巨大な下水道本管(確か直径5.何とかメートルと説明を受けました)の中へ入って実際に見学することができます。
 季節によっては、あるいは、集中豪雨などがあるとこの管がいっぱいとなるそうです。


下水道本管へ通じる防水ドア120401

 本管への入口は二重の防水・防圧扉で仕切られています。写真には一枚しか写ってませんが扉は二枚あります。係の方が私たちの目の前でこれを開いて、本管の中へ案内してくださいました。


【平櫛田中彫刻美術館】

 もう1ヵ所立ち寄ったのは小平市平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)彫刻美術館とその記念館です。
 明治生まれで岡倉天心を尊敬し、小平市にアトリエを構えて107歳まで創作活動を続けた日本での木彫り彫刻家の第一人者とのこと。横浜美術館には大きな岡倉天心像が常設展示されているのを、ここを見学した後で気がつきました。
 詳細は下記「ディックの本棚」に見学記がありますのでご参照ください。

 クリックしてください → 小平市 平櫛田中彫刻美術館 2012年春季展示

【これは何でしょう?】 
 
 さらにウォーキングは続きます。目的地小金井公園はまだずっと先です。

もしかしてクサボケ120401

 地面を這っています。これがクサボケなのでしょうか。


これは何?120401

 これが何だかわかりません。ぼくは初めてです。どなたか教えていただけると助かります。
 もしかして、ヒサカキとか…。nakamura さんのブログ「土のうた」で見たような…。
 

花壇のクリスマスローズ

2012.04.17(16:11)

紅のクリスマスローズアップ120325

 以前からある北東向き花壇のクリスマスローズです。
 地植えにすると、かなり大きな株に育ちます。


紅白のクリスマスローズとツワブキ120402

 今晩の記事は、3月25日と4月2日に撮影したもので、そろそろ記事にしないとクリスマスローズが終わってしまう頃となっているので、慌てて掲載しています。
 背景に見える大きな葉は、斑入りのツワブキが見えています。


白のクリスマスローズ120402

 白といっても、こうして見ると内側はかなりの緑色。本来花弁ではなく萼だということが納得できます。
 

白を背景にした薄紅色のクリスマスローズ120325

 ここの花壇には多種類が植わっていて、紅色も黒っぽいのと薄いのとがあります。


紅のクリスマスローズ2120325

 これはトップの写真と同じクリスマスローズの株全体の約半分。大きく育っていることがわかります。
 かみさんによりますと、クリスマスローズ用の肥料があって、ちゃんとやっている、そうです。


新花壇に植え替えたクリスマスローズ120402

 以前からときどき書いていますが、南西側の庭の改造をやっていました。
 上の写真は新しい花壇のほうで植え替えしたクリスマスローズです。
 どうやら根付いて元気になりました。こちらは庭が広いので、周囲がすっきりとしています。

 ------------------------

 San Po の会の記事が溜まっているというのに、本日は「馬の博物館」の白い八重桜が満開で、きれいな写真がたくさん撮れてしまいました。でも、明晩は San Po の会の記事です。前の記事を書き終わらないうちに、次の会へ出かけてしまいましたので。
 うわっ、雷が轟く音が…。これでとりあえず公開して、PCを一時遮断いたします。

2012年04月

  1. 谷保天満宮から城山公園へ ~ 第61回San Poの会 の記録(04/23)
  2. 庭のユキヤナギ(04/22)
  3. 一橋大学見学~San Poの会第61回記録記事(1)(04/21)
  4. 馬の博物館の八重桜(4月15日)(04/20)
  5. 玉川上水沿道から海岸寺へ(04/19)
  6. 玉川上水沿道を歩く~4月1日San Poの会 のウォーキングより(04/18)
  7. 花壇のクリスマスローズ(04/17)
前のページ 次のページ