FC2ブログ

松阪城の御城番屋敷

2012.02.22(16:06)

御城番屋敷の入り口120116

 三重県「食べ歩き」旅行の最終日、松阪城を出たところからの記録です。
 松阪城の正面を下りていくと、目の前に上の写真のような光景が広がっています。
 左側の屋敷、ずいぶんと長く繋がっていると見えませんか?


御城番屋敷土蔵120116

 左側のひとつ手前にはこのような建物があり、これは「御城番屋敷」の土蔵で、当時は城内に建てられていた米倉で、ここへ移築されたとのこと。つまりこれが事実なら、松阪城の建物としてはこれが唯一現存しているもの、だそうです。
 トップの写真の長い建物の手前を左側に曲がったところにあります。


御城番屋敷の配達便120116

 しかし、おもしろいのはこの景色。オートバイは何かの配達のようで、個人の家に配達しているわけですが、たとえば一軒の家をちょっと覗き込んでみると、こんな感じになっています。


一戸一戸は個人の家120116

 家と家の間隔は皆無で、「組屋敷」といい、昔の松阪城警護のための紀州藩士と家族のための「組屋敷」がそのまま残され、建物は左右それぞれ、向こうまで長く繋がっているのです。
 表札があり、いまでも人が住まわれているのですが、みなさん紀州藩士の子孫の方々なのでしょうか。
 一軒(西棟北端)が復元整備され公開されているそうですが、月曜日はお休みで見学できませんでした。


振り返ればそこはお城2120116

 この南北に長い通りを抜けて右側を見ますと、「松阪神社」があり、そのままぐるっと背後のほうを眺めれば、丘の上へ松阪城の石垣が広がっています。写真をよくご覧になれば、家が途切れなくずっと繋がっていることがおわかりでしょう。


振り返ればそこはお城120116

 とりたててどうこういうほどのことはないのでしょうが、このようなお城の警護の武家屋敷が残っていて、いまも一般住居として使われている、ということが、とてもものめずらしく感じました。
 石畳の道がすばらしい。お城の景色もいい。
 でも土日のたびに観光客にぞろぞろと歩かれては、お住まいになられている方はかなわないでしょう。
 それならば、天守閣の復興再建とかしないで、このままのほうがよいのかも知れません。

 -------------------------------

 昨日は丸一日快調で、スポーツクラブにまで出かけたのですが、きょうは起床と同時に心房細動の発作。ちょっとしたことで一日のスタートが変わります。きょうは発作停止まで約7時間。先日の13時間よりはマシですが、一日が半分になってしまいました。
 かみさんは11時半頃に帰宅しました。長男は「まだ腹が痛い、少し腹具合が悪い」とはいいながら、出勤したようです。結婚の話なども出ているのですが、嫁さんになる(予定の)女性にしてみると、未経験の土地で友人もなく、月曜日から金曜日まで夫のいない生活が二、三年は続くことになり、それもまた、たいへんなことです。

ヒノキとサワラ

2012.02.21(17:33)

サワラの実120217

 家の庭に、なぜか檜(ヒノキ)があります。針葉樹のことはよくわかっていない私ですが、ヒノキのことだったら、まあまあよく見ています。
 ところで、2月17日に本牧山頂公園をうろうろしていたら、上の写真の実を見つけました。
 これはおかしい。わが家のヒノキの実よりも小さいし、なんとなく実の形もごちゃっとした感じがします。ヒノキはもう少し整った感じなのに…。
 やや遠くて、50mmマクロ+2倍のテレコンバータでは、どうもフォーカスがしっかり合いません。
 杉とくらべてもやはり実が小さい。それに杉とは葉が違います。


サワラの実アップ120217

 そこで、手を伸ばして、ライヴ・ヴュー撮影。これもなかなかうまくいかず四苦八苦でしたが、偶然に一枚撮れました。


サワラの葉120217

 こういうときは葉を撮っておく。
 ぼくはふつうここまでしかやりません。しかし、YAKUMAさんのブログ「自然大好き《道端観察記》」で勉強していましたから、もうひとつ撮りました。


サワラの葉裏120217

 葉裏の写真です。
 この白いマークを見るのだそうで、この様子はかなり典型的な椹(サワラ)でした。
 YAKUMAさんのブログは、なぜか困っているときのぼくとよく重なりまして、いままで何回もこういうことを教わっております。


ヒノキの実120217

 もうしばらくうろうろしていますと、「あ、これならわかる! 」。今度は間違いなくヒノキでしょう。
 ただ、実というのは時期によって形が変化しますから、サワラにせよ、ヒノキにせよ、油断はできません。


ヒノキの幹120217

 実だけでなくて、この幹の感じはどう見てもヒノキだと思うのです。


ヒノキの葉裏120217

 最終確認は葉裏の写真を撮ってから。
 これもかなり典型的なヒノキの葉裏の特徴のようです。

 柏書房の「葉っぱでおぼえる樹木」(濱野周泰)という図鑑が本棚にありまして、これによりますと、ヒノキの仲間でよく似たものに、ヒノキサワラアスナロクロベがあり、見分けのヒントは葉裏の気孔帯の形だそうです。
 おかげさまで勉強させていただきました。
 (本の題名をクリックすると、ぼくの感想・紹介文が出てきます。とてもよい図鑑です)


 -------------------------------

 長男は結局よくわからないまま徐々に症状が改善し、(腎盂炎やインフルエンザが疑われたようですが)どちらにも効く抗生物質が出されているようで、これを最後までのみ切るようにというのが最初の和歌山の医師の指示。
ところがそれが胃腸に合わないらしくて、下痢と胃痛に悩まされ苦労したようです。
 明日から仕事に復帰の予定で、かみさんも明日帰ってくるとのことでした。
 みなさまにはあたたかいお見舞いの言葉をいただき、ありがとうございました。
 若さに任せて無茶な仕事の仕方を続けると危ない、ということが、今回は本人にもよくわかったことでしょう。

八重野梅と八重寒紅 ~ にぎやかになり始めた梅林

2012.02.20(15:05)

八重野梅横アップ120220

 梅の花の紹介を始めたとき、「八重野梅」と「八重寒紅」が本格的に咲き始めないと「梅が開花した」とは言えない、と書いた。
 この二種は早咲き種の野梅の中でもとくに花付きがよく、咲き始めると梅林が一気ににぎやかになるのだ。


八重野梅と青空120220

 まだ個体差があるので、八重野梅でも未開花の木もあるにはあるが、きょうのように陽射しの暖かい日があると、開花はかなり進むのではないか、と思われる。


八重野梅のアップと青空120220


八重野梅の枝横120220


八重野梅縦120220

 写真を撮っていて、「今年は妙に八重野梅が品よくて美しく見える」と思ったが、それは全般に開花が遅く、待ちわびていたからかも知れない。


八重野梅の密集120220

 ひとたび開花が進むと、上の写真のように八重野梅は本性を顕す。
 密集して咲き始め、どのように撮っても構図が定まらず、困った梅になってしまうのだ。


八重寒紅の枝縦120220

 八重野梅と並んで、早咲きの紅梅でにぎやかなのが「八重寒紅」だ。
 ぼくはこの梅があまり好きではない。
 ごてごてと咲き、派手な色合いで、品がよい感じがしない。


八重寒紅の枝横120220
 
 しかし、八重寒紅が梅林にあるだけで、梅林がはなやかになることは確実だ。
 そもそもあまり近づいて眺めるのではなく、遠目に、「紅梅があると明るくなってきれいだなあ」と眺めるのがよいのだろう、思う。


八重寒紅の枝と青空縦120220

 きょうは枚数の関係で出していないが、よく似た梅で「八重唐梅」というのがある。八重寒紅との区別はちょっと見ただけではなかなかわからないのだが、咲いた様子、花のかたちは、どこか八重寒紅よりも品よく落ち着いた感じがする。そちらはいずれまた紹介したい。

 --------------------------

 じわじわとブログ更新の時間が早くなっているのだが、やはり梅の写真がきれいに撮れたりすると、これを早くお見せしたい、というつもりになってくる。暖かい陽射しの日にちょっと公園をひとまわりしてくると、急に写真在庫が豊かになる。2月17日の本牧山頂公園の写真がたくさん余っているのに、きょうは梅の写真がたくさん撮れてしまった。
 三重からはまだ連絡がない。きょうは月曜日で、医者へ行ったはずなのだが…、どうなっているか…。

オオバヤシャブシの実

2012.02.19(15:22)

オオバヤシャブシの実120217

 2月17日の本牧山頂公園です。
 それにしても、よく実が付いてますし、小さいほうは、花序が準備中なのですかね。
 この時季から観察するのは初めてで、興味深いです。見ていてなかなかおもしろいです。

 --------------------------

 ぼくのほうはおとなしくしていまして、午前中自動車洗い、午後は「医療費明細書」など作っていました。
 根岸森林公園へ梅を撮りに行けばよかった、という気もしますが…、たぶん明日も晴れるでしょう。
 確定申告、まったく手を付けていないと、やり残して期日が迫ってくるような、いやなストレスを感じますし…、少し始めておかないと、と思いました。

松阪城と本居宣長邸

2012.02.18(15:03)

本居宣長邸前120116

 本居宣長というと、「源氏物語」を評価して、「もののあはれ」が日本の文学の特質だ、と提唱したことで知られ、ぼくも古典だか日本史だかの時間にそんなことを習い、なんとなく「文学者」のイメージが強いのですが、新潮OH!文庫の『日本がわかる思想入門』を読んでいたら、どうもそういう人ではないようです。


松阪城趾から見た本居宣長邸120116

 本居宣長は文学者である以前に、思想家であり、国学者だったということらしい。仏教とか儒教とか、そういう「外国文化の影響で日本文化はダメになった」と言いたいのが基本にあって、古代日本人の美意識こそが気高く、日本人が取り戻すべきもの、ということで「古事記」をしっかりと研究したり、「源氏物語」を持ち上げたりしたようです。
 その本居宣長邸の門を、松阪城の石垣の上から見下ろしたのが、上の写真です。
 この屋敷は本来公開されているのですが、旅行の帰りの日1月16日は月曜日なのでお休み。外から覗くだけでした。残念です。


本居宣長邸跡120116

 本居宣長は松阪の木綿商の次男として生まれたということで、彼の屋敷は松阪市魚町1645番地に上写真の屋敷跡のようにあったのですが、明治42年に松阪城趾へ移築されました。


松阪城石垣縦120116

 松阪城は名将蒲生氏郷が築城した城で、秀吉が伊達政宗の抑えとして後に会津へ転封したことはよく知られています。
 蒲生氏郷の築いた城としてもう少し上手な宣伝すれば、観光に役立つのではないかと思いますが、残念ながら櫓が何も残っていない。


松阪城石垣見下ろし縦120116

 しかし、石垣はよく残されていて、これはかなりの魅力です。蒲生氏郷は自分の出身地でもある穴太衆を中心に地元の農民をかり出し石垣を組み上げたそうで、広大な松阪城趾は「石垣の公園」といったふうに見えます。伊賀上野城と同様、石垣の端まで行って下を覗き込むことが可能です。落ちたら自己責任です。(「穴田」についてはぼくが贔屓にしている佐々木譲さんの小説『天下城』で取り上げられています)


松阪城内の松120116

 全般に地方財政の資金不足でしょうか、それとも「自然な状態を大切にしたい」ということなのか、広大な城内の松などの樹木は、やや手入れ不足の感がありました。


松阪城内の木々120116


松阪城から眺める松阪の町120116

 平山城というのでしょうか、小高い丘に築城されていて、上は城の真ん中のあたりから松阪の町を見ています。

 全般に雲が厚く寒い日でした。三重県食べ歩き旅行の最終日、レンタカーを松阪で返却することになっていまして、午前中は取りあえず松阪城へ行ってみようか、という程度の発想でした。月曜日は市などが運営する施設はお休みというのは、かみさんと長女の勘定に入っていなくて、ぼくは「休みではないかな」とは思っていましたが、城などだったら自由に見られるはずなので、あまり気にしていませんでした。
 それでもやはり、本居宣長邸は残念なことをしました。
 なお、以上は申し訳ありませんが1月16日の記録です。旅行記として書きとめておくのが本来の目的ですが、ご覧いただく以上、本居宣長とか少しでも興味深い情報を盛り込んでおこう、と心掛けております。

 --------------------------------

 かみさんが長男のところへ行ってまして、当方は本日からやや不自由な状態となっています。
 月曜から金曜まで外食だけのビジネスホテル生活。夜に仕事が終わる頃には食事できる店は開いてなくて、毎日コンビニ弁当。そんな生活で先週は土日に従兄弟の結婚式のために横浜へ戻ってくるなどというのは、やはりちょっとハードに過ぎたのか、木曜日に和歌山で具合が悪くなり、翌金曜日先輩が助けにいっても、津から和歌山まで3時間、戻ってくるのに3時間、上司が入院を手配していた病院の診療時間には間に合わなかったようです。
 昨日はいったんよくなったものの夜間に苦しくなり、救急車を呼んだとか…。社宅はコンビニまで行くだけでも30分は歩かねばならないようなところで、本人がほんとうにへばると誰か手助けがいないかぎりどうにもならない。今回は仕方ありません。

ツワブキ

2012.02.17(19:31)

ツワブキ120217

 本牧山頂公園のツワブキです。
 きょうは午前中陽射しが出ていたので、のんびりと散歩してきました。

 -----------------------

 公園までは、車検に出したオデッセイの代わりに代車として貸してくれたフィッツ・シャトルで…。
 格段と小型なのに、後ろの席の足元、頭の上には余裕があります。横浜の狭い住宅地では運転も軽快。
 「ドイツ車はやめてフィッツ・シャトルにして、早めに結婚するように…」とかみさんは長男に言ったとか…。

マンサクとトサミズキ

2012.02.16(19:51)

マンサク縦120210

 2月10日の根岸森林公園「馬の博物館」から、マンサク(たぶん シナマンサク)とトサミズキです。


マンサクのアップ120210


トサミズキ120210

 マンサクは満開、トサミズキは種を飛ばした後らしい実を撮ったのは初めてでした。単純に、かたちがちょっとおもしろかったので。


トサミズキのアップ120210

 ------------------------------

 心房細動の発作が起きやすい状況から、なかなか脱することができません。家で本棚のニス塗りなど家事をしているか、近くへちょっと出かけるか…。寒くて天候がよくないと、なかなか公園へ出ていく気にもならず、2月10日の写真を出しています。
 閉幕の期日が迫ったので、本日は「故宮博物院展」へ出かけましたが、予想通りの大混雑。いま見に行かないと、もう中国まで行かないと見られない、と思って…。でも、これはやはり心臓にはあまりよくなかった。上野で発作が起きて、6時間経ってもまだ止まらない。まあ、きっともうじき止まるだろうという感じはしていますが…。
 昨日は横浜バロック室内合奏団の関内サロンコンサート。家から約20分、昼のコンサートで1000円。これで一流のプロが演奏するベートーベンのピアノ・トリオを聴くことができました。毎週水曜日、もう少し熱心に聴きに行こうか、と思っています。演奏者との距離がせいぜい2メートルといいう贅沢な環境です。
 (サロンコンサートの記事はリンクをクリックすると感想記事にジャンプします。「故宮博物院展」はまだ感想を書いておりません)

2012年02月

  1. 松阪城の御城番屋敷(02/22)
  2. ヒノキとサワラ(02/21)
  3. 八重野梅と八重寒紅 ~ にぎやかになり始めた梅林(02/20)
  4. オオバヤシャブシの実(02/19)
  5. 松阪城と本居宣長邸(02/18)
  6. ツワブキ(02/17)
  7. マンサクとトサミズキ(02/16)
前のページ 次のページ