FC2ブログ

上野国立博物館 ~ 平成館の庭園

2011.12.09(18:10)

国立博物館アジア館111117

 上野の国立博物館へ何かの展示を見学に行き、「まあ、大したことはないな」と思って帰ってこられた方は多いのではないでしょうか。
 あまり知られていませんが、国立博物館にはいくつかの建物があります。
 上の写真は「表慶館」ですが、現在は「東洋館」の展示スペースとして使用されています。片山東熊という建築家の設計で重要文化財。石造および煉瓦造2階建てのネオ・バロック様式だそうです。
 本館の常設展示の料金を支払えば、ふつうに無料で見学できます。中国、韓国、ベトナム、インドなどの古い美術品(仏像、陶器など)が展示されています。
 ぼくの個人的な感想で言うなら、仏像彫刻などについては、個人博物館である「松岡美術館」のほうが充実しているようにおもいます。

 ほかに、写真はありませんが「法隆寺宝物館」という近代的な建物があります。法隆寺から皇室に献納された「法隆寺献納宝物」300件あまりを保存展示するための建物です。
 これは一度は見に行ったほうがよいです。国立ということは、国民の税金が使われているということで、このような施設を使わないのはもったいないですから(笑)。


国立博物館ユリノキの紅葉111117

 写真は本館と東洋館などで囲まれた中央広場のユリノキです。大木で、低く枝が張りだしているので、五月に行けば通常はとても見られないユリノキの花のカップの中を覗くことができます。
 ユリノキの左側が「本館」です。
 「本館」はやたらと広くて、常設展示の展示の仕方は不親切で、「見たい人は見たらいい…」という突き放した感じです。学生はたいがいここで失望して厭になって、「もうこない」となるでしょう。


カラスと平成館庭園111117

 11月17日に国立博物館を訪れたのは、「平成館」で開催されている「法然と親鸞 ゆかりの国宝」展を見るためでした。「国宝阿修羅展」とか「空海と密教美術展」とか、人気の企画展は「平成館」で実施され、毎回大混雑になります。
 「平成館」の裏には、じつは大庭園があるのですが、あまり知られていません。
 旧寛永寺庭園の名残をとどめる庭園は、春・秋などに期日を限って公開されるそうです。11月17日には公開されていました。見ないで帰ってはもったいないでしょう。 


平成館池と茶室111117

 見えている茶室には、ぐるっとまわって裏のほうから入り口のところまでは近づいて見ることができます。


平成館茶室111117

 裏から近づいて写真を撮りました。茶会に利用できると書かれていたように思います。どういう方が使うのでしょうか。


九条館111117

 ほかにいくつか立派な建物が移築されています。
 「九条館」は、もとは京都の御所内にあったもので、東京赤坂の九条公爵邸に移築され、1934年に寄贈され、1936年にここへ移築されました。


九条館内部111117

 裏へ回れば窓が開けられていて、部屋の内部を覗き込むことができます。見えているのは江戸時代前期狩野派の手になる「楼閣山水図」だそうです。

 もともと「法然と親鸞」の特別展が目的でしたから、この日の撮影はコンパクトカメラを使用しています。
 一眼レフほど使い慣れていないので、どうしても画像がやや粗くなるのはお許し願いたいと存じます。
 今回の記事で、薄い緑色の文字の部分はすべてリンクが設定されていて、ぼくの「ディックの本棚」の感想記事にジャンプできます。

 --------------------------

 最近読んだ本 : 日本がわかる思想入門/長尾剛(新潮OH! 文庫)
         ↑ クリックすると感想にジャンプします。

 --------------------------

【追記】
 PM20:42 今晩はたいそう明るい、満月に近い月が南東の空に輝いています。
 明日は、午後9時15分頃から、皆既月食だそうです。

2011年12月09日

  1. 上野国立博物館 ~ 平成館の庭園(12/09)