FC2ブログ

夢殿を見学して中宮寺へ

2011.10.31(18:30)

法隆寺西院伽藍を出て東院伽藍へ向かう111003

 法隆寺の西院伽藍から出て、東大門を抜けて東へ、夢殿のある東院伽藍へ向かいます。


東院伽藍へ向かう道111003

 通りはたいへん広く、秋の気配が美しい。


東院伽藍へ向かう道の向こうに夢殿が見える111003

 ずっと奥に夢殿の屋根が見えています。


道々の紋の中はとても立派な建物と庭111003

 両側に並ぶ建物は、それも法隆寺の塔頭の一部のようです。覗き込むと建物も庭も立派です。


門の屋根瓦さえ立派111003

 門の屋根瓦さえ見映えがします。

法隆寺夢殿111003

 夢殿へ到着しました。
 定説によりますと、聖徳太子が住まわれていた宮は斑鳩宮(いかるがのみや)といい、この夢殿の辺りにあったのだそうです。
 それで、西院伽藍の辺りに斑鳩寺(いかるがでら)を創建されたのですが、それは670年に焼けてしまい、現在の法隆寺は再建された(672年~689年頃)、ということのようです。
 「法隆寺は、日本仏教興隆の祖である聖徳太子が創建した寺院である」と簡単にいってしまうと、西院伽藍は聖徳太子在世時のものではないので、厳密には矛盾してしまいます。
 しっかりとわかっていないところも多いようです。

 「夢殿」は聖徳太子を供養するための殿堂、とパンフレットには書かれています。八角円堂の中央の厨子には救世観音像が安置されてますが、聖徳太子はそもそも観音の化身である、との位置づけのようです。
 救世観音像ですが、もう一度見てもぼくには区別がつきません。

法隆寺夢殿の屋根111003

 夢殿の屋根飾りをもう一枚。どういう意味があるのか、ぼくにはわかりません。
 (川越で教わったところでは、尖ったものが屋根にあるのは「鳥避け」という説があるようですが…)

法隆寺湯路殿を出た付近111003

 夢殿を出たあたりのところで撮りました。何を撮ったのかわかりません。
 なんとなく、きれいだったので…。


中宮寺の入り口111003

 おや、なんと、もうそこに「中宮寺」(ちゅうぐうじ)の入り口が見えています。

 --------------------------

 本日は午前中はおとなしくしていて、午後には健康のためスポーツクラブで筋肉をほぐそうと思い、朝のうちはみなさんのブログをまわろうとPCの前にいたところ、窓の外が明るくなって陽が射し始め、予定は急遽すべてひっくり返りました。
 カメラを持って、日大生物自然科学部藤沢キャンパスのバラ園へ行ってきました。
 秋バラですから、春のように大きく数多くは咲きそろいませんけれど、ピークの時期を二、三日過ぎたところくらいでしょうか。以前のように、大きく派手な花バラばかりを追いかけるのはやめて、年代の古い小型のバラなど、注目するところが少し変わってきました。新しく品種を憶えていくのもなかなか楽しいものです。

2011年10月31日

  1. 夢殿を見学して中宮寺へ(10/31)