FC2ブログ

東大寺の戒壇院を拝観

2011.10.11(18:00)

東大寺中大門111001

 東大寺は中大門をくぐれば大仏殿の拝観ができますが、ここでぼくは少し考えました。
 奈良での初日、京都で近鉄の特急券購入などの流儀がわからず戸惑い、慌てて重い荷物を運び、近鉄奈良駅からホテルを捜して思い荷物を引きずり、猿沢池から興福寺の急な階段を登ったりしたため、五重塔の撮影中にとうとう心房細動の発作が出てきて、東大寺へ向かう頃になってようやくおさまってきたところでした。
 そろそろ日が傾いて、1時間かそこらで慌てて大仏殿を見るのはおもしろくない、と思いました。


夕暮れの東大寺戒壇院111001

 大仏殿の拝観を諦め、左へ回って、ゆっくりと歩いていきました。
 東大寺戒壇院(戒壇堂と書かれているものもあります)を見つけました。


戒壇院正面111001

 これは確かとても大切な施設だったはずです。出家者が正式な僧となるためには、授戒(戒律を授けられる)の儀式を経てようやく僧となることができるのであり、日本にはそのための施設としての戒壇がなかった。鑑真が渡来して初めて戒壇が唐招提寺に設けられたのでした。
 五木寛之氏の『百寺巡礼』第一巻の「唐招提寺」によれば、東大寺は唐招提寺から鑑真を招いて戒壇院を創建し、以降は、僧たちは東大寺で授戒を受けた(受戒した)後に唐招提寺で戒律を学び、それぞれの寺に戻るようになった、といいます。
 戒壇院の中へ入りました。堂の中では「四天王像」などの塑像を見ることができます。
 中でも「広目天立像」の表情はじつにすばらしく、さまざまな写真集におさめられて知られています。なかでも写真家・入江泰吉さんが撮られた広目天頭部のアップは、思わずどきりとするほどです。入江泰吉さんのことをご存じの方が多いとよいのですが…。


戒壇院門の瓦111001

 戒壇院の門を出て、門の瓦などを眺めてみます。ぼくのような素人は、建築物のこういうところへはなかなか目が行きません。


東大寺戒壇院の塀と屋根111001

 じつは、翌日になって立て札を見つけました。この日も見ていたはずなのですがよく読んでいませんでした。東大寺では寺内の僧侶に戒法を授ける「授戒会」(じゅかいえ)を行うにあたり、11月4日から10日まで戒壇堂は拝観停止とするのだそうです。またまた、あぶないところでした。


戒壇院横から若草山を望む111001

 戒壇院の周辺を回りながら帰り道を探しました。
 横から眺めた戒壇院の向こうに見える山は「若草山」です。


戒壇院付近の夕暮れの石榴111001

 帰り道、石榴を見つけました。あたりはもう暗くなり始めています。

 ----------------------------

 追記: 三枚目はどうも落ち着きませんね。全体が見える写真を…、と思いましたが、この画像だけ妙に浮ついて見えます。

2011年10月11日

  1. 東大寺の戒壇院を拝観(10/11)