FC2ブログ

観音崎公園付近の散策

2011.10.09(18:15)


大きな地図で見る

 地図の左端下側の辺りが京浜急行の浦賀駅です。

 ここからバスに乗って「鴨居中学校」の海側の海岸付近「鴨居バス停」まで行きバスを降ります。
 そこから海岸付近の道路をずっと歩いて観音崎公園を散策します。公園の真ん中辺りの高台に観音崎灯台があります。
 ちなみにこの行程の最後は「走水神社」で海水浴場と走水小学校の中間辺りにあり、日本武尊の妻弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)がこの沖で入水し、浦賀水道の海神を鎮めたという有名な神社です。
 ぼくの頭の中では古事記・日本書紀の時代から大和の古墳→飛鳥の地へと、10月の旅行へつながっていっております。


観音崎灯台下から110924
 
 観音崎灯台は上の写真で、一度海岸へ下りてから登り直すことになります。
 灯台の手すりと、壁の隙間はせいぜい80cm くらいしかないように見えることを、いまのうちによく確認しておいてください。あそこへぼくは立つことになるのです。


浦賀水道での釣り通常バージョン110924

 一旦海岸へ下りたときに撮った写真が、別バージョンで一度お見せしたこの場面です。


灯台への登り道からの光景110924

 ご覧の通り、交通量はとても多く、ひっきりなしに船舶が往来しています。左側が横浜や東京、正面が房総半島です。


灯台の上からの隣の山と海110924

 「観音埼灯台(かんのんざきとうだい)は、神奈川県横須賀市、三浦半島東端の観音崎に立つ灯台。白色八角形の中型灯台で、日本の灯台50選に選ばれている」とWikipediaにあります。
 観音崎灯台は登ることができます。一歩踏み出しただけで怖いです。手すりにもたれて平然と談笑している方の気持ちがぼくはとても理解できません。写真を撮りたいという気持ちが強くなければ、さっさと逃げ出したい、とそればかりを考えていました。いま地震が来たら、と思うと、ほんとうに足がすくみます。

灯台の上から水平線を臨む110924

 絶景ですが、写真は上の二枚だけです。背負ったリュックが邪魔になり、手すりからできるだけ後ろへ下がりたいぼくを、背中から逆に押し返そうとするのが余計に怖さを助長します。


空を舞う鳶110924

 あ、もう一枚ありました。
 よくまあ、こんな写真を撮ったものです。


観音崎灯台からの帰り道のヤブミョウガ110924

 灯台から海岸への帰り道に撮ったヤブミョウガ。気のせいか、緊張が解けてほっとした気分が顕われているようなきがします。

 奈良の風景ばかりを掲載したのではおもしろくなくなるので、気をつかってその一週間前の散策の写真を掲載しています。とはいえ、「走水神社」について言及しましたように、ぼくの頭の中ではこの海岸の散策も古代から大和朝廷への歴史とつながっておりまして、無関係ではありません。

2011年10月09日

  1. 観音崎公園付近の散策(10/09)