FC2ブログ

興福寺 ~ 奈良ではじめて出会った寺

2011.10.08(18:00)

猿沢池階段下から見上げる興福寺五重塔111001

 興福寺はぼくにとって奈良で初めての寺となったが、中臣鎌足に始まる藤原氏の氏寺であり、古代から強大な勢力を保持していた。


興福寺五重塔見上げ111001

 奈良のお寺を初めて体験するぼくは、五重塔の大きさに圧倒されていた。高さ50m を見上げる気分はというと、木造でこのような塔を立てる当時の建築技術と、人と資金を集める権力の強さに圧倒される思いである。木造としては、東寺の五重塔に次いで日本で二番目の高さだという。


興福寺五重塔中距離111001


興福寺五重塔と東金堂111001

 2009年3月末から上野国立博物館平成館で「国宝 阿修羅展」が開かれた。ぼくの記憶では「阿修羅がやってくる」とのキャッチフレーズで観客が集まり、たいへんな混雑となった。
 当時ぼくはたいへん忙しく、見に行く時間がとれなくてとても残念な思いをした。
 10月1日土曜日の午後、その「阿修羅像」はぼくの目の前にあった。
 出会いとは妙なもので、若い頃に歴史の教科書かなにかで見てから、ぜひ実物を見たいと願い続けていたが、気がついたときには彼はそこにいたのである。
 阿修羅は「八部衆」という「仏法を守護する八神」のうちのひとつで、五部浄像のみ頭部と上半身の一部しか残されていないが、残り七体は健在だ。阿修羅像を真ん中にして、八部衆のすべてが興福寺内国宝館に展示され、当たり前のようにぼくの目の前にある。
 背の高さはどれも150cm から160cm 程度で、畢婆迦羅像がやや老相に作られている以外は、少年のような表情に作られているものがほとんどで、阿修羅像以外にも魅力的なものが多い。
 阿修羅像はその中でもとびぬけてすばらしい。ご存知の方が大半だろうからこれ以上の言葉は不要だろう。
 境内では、建物の外観を写真撮影することは許されているが、基本的に堂内での撮影は禁止されているのがふつうで、残念だが仕方がない。自分で見たままを残したいというのは、ごく自然な気持ちなのだが…。


猿沢池の夕暮れ111001

 興福寺五重塔から階段を下りたところに猿沢池がある。
 この日、五重塔と東金堂(二枚上写真の左側の建物)の前の広場に特設会場が作られて、暗くなる頃から「能」
が演じられた。あらかじめチケットを持っていないと通行はシャットアウトされて、会場を覗くことすらできない。
 近くの宿から食事に出たぼくは、猿沢池の夕暮れを眺めながら能が演じられる音声だけを味わっていた。

 ---------------------------------

 追記(20:22): 本日はウォーキングの会でしたが、横浜市内でしたから、比較的早く帰宅できました。

2011年10月08日

  1. 興福寺 ~ 奈良ではじめて出会った寺(10/08)