FC2ブログ

みなとみらいの夕陽

2011.08.17(17:00)

みなとみらいの夕陽110816

 次女が金沢21世紀美術館へ行った写真を見せていろいろみやげ話をするので、ぼくも美術館へ行きたくなり、「横浜トリエンナーレ」の第1日目として、午後から横浜美術館へ出掛けた。
 夕刻、桜木町駅前の広場から振り返ると、ぼくが好きなタワーの背後にクイーンズ・スクウェアのビルが夕陽を照り返していた。ブルー系統に決めてみたいと思って撮った。
 小学生の頃に夢見た未来都市の感覚が戻ってくるようで楽しい。

 ---------------------------------

 最近読んだ本 : 『ダブル・ジョーカー』(柳広司)
         ↑ 感想は題名をクリックしてください。

本牧和田公園のサルスベリ(白)

2011.08.16(17:00)

白いサルスベリのアップ10808

 ふたたび「本牧和田公園」のサルスベリです。
 三本あるうちのもっとも白っぽいサルスベリです。
 近寄るとピンク味が強いように思いますが、全体を見るとほぼ白い印象です。


白いサルスベリの花序縦長アップ110808

 偶然ですが、前年の実が弾けたあとの枝が映り込み、よい味を出してくれたようです。


サルスベリのつぼみのアップと青空縦110808


白いサルスベリと青空右横長110808

 こうして見ると、いかにも「夏の花」という感じがしますね。


白いサルスベリ横長と青空110808


白いサルスベリ山向き全景110808

 この全景は山側向きで、一昨日のように白い家が背景に大きく出てこなくて、少し角度が違います。

 明日は赤(濃いピンク)とピンクのサルスベリを紹介できるだろう、と思います。

 -------------------------------

 新入社員の長男が研修先から帰省しています。「鮨」を奢ってくれました。
 次女は遊びにいった金沢から帰宅し、お土産がいっぱいです。
 私はここ数日、古い食器棚を本箱に再生しようと、ニス塗り準備の「サンドペーパーがけ」をやっています。「塗装」は下準備に十分時間をかけないと、仕上がりがきれいにならないので手間が掛かりますが、省資源の時代ですからね。
 地味な作業で退屈なので、ショパンのピアノ協奏曲など聴きながらの作業ですが、i-Pod が白い粉まみれになってしまいました。
 そろそろ「横浜トリエンナーレ」へ出掛けてみたいですが、暑いです。
 運動不足を避けるため、たまに夕刻にスポーツクラブへ出掛けたりしていますが、ここ4日間ほど心臓のほうは落ち着いていて、楽になっています。
 「ディックの本棚」のほうは手を抜いていて一週間も更新していません。本はたくさん読んでいるので、書いていない感想がたまる一方です。

サンゴジュの実

2011.08.15(21:18)

三渓園のサンゴジュの実110808

 サルスベリの続きの予定でしたが、きょうはかなり忙しくいろいろやってきて、いまから写真を何枚も記事にする余力が残っていません。
 三渓園から「サンゴジュ」の実をご覧いただいて、一枚だけでお休みとさせていただきます。

 「サンゴジュ」ですが、三渓園でなくても、横浜の市街地ではいまたくさん見かける光景です。
 マンションなどでよく植え込みに植えられますが、葉が虫に食われやすく、じつは管理が大変なはずです。マンション業者としては、販売してしまえばそれまでで、後のことを考えていないとしか思えません。

本牧和田公園のサルスベリ

2011.08.14(10:38)

白いサルスベリ全景110808

 本牧が米軍から返却されたとき、本牧神社の前に整地して作ったのが「本牧和田公園」なのだろうと思いますが、正確なところはよくわかりません。
 スキップをペット病院へ連れて行くとき、横浜市立中図書館で本を借りたり返したりするとき、本牧山頂公園へ自動車でいくとき、必ずこの前を通ります。
 この前を何回も通っていて、夏のサルスベリがとてもすばらしいと気がついたのは昨年のことでした。薄くピンク色がかかった白いサルスベリと、ピンクのサルスベリ、ピンクが濃くなってかなり赤味がかかったサルスベリの三種があり、樹形もとてもきれいです。

 さて、写真をいろいろと撮り続けていて、きょうここで記事にした三枚のような撮影をするとき、ぼくは一番困難を感じます。
 1. 木が大きいので、レンズから花までの距離が木全体の中でバラバラであり、それぞれの花にフォーカスが合いにくい。
 2. 離れて全体を撮すと、花のひとつひとつは小さくなって精細度が落ちる。
 3. 晴天下では、コントラストが強く、明るい部分も暗い部分も細かい部分が飛んでしまいやすい。

 それで仕方なく、こういう写真を撮るときは三脚を持ち出します。感度はあまり高く設定しません。
 それにしても、レンズとカメラの精度を求められます。レンズはよいのですが、Olympus はこういう場面ではカメラの性能が弱いのです。

 カメラが頼りないから、少しでもレタッチで取り返そうと考えます。
 「シャープネス」はふつうにカメラで jpeg で撮影したときも必ずカメラが掛けていますが、それをぼくは RAWで撮って自分で掛けます。
 ハイライト部分、ダーク部分、標準的明るさの部分を別々にシャープネスを掛けることのできる Photoshop を使っています。全体にシャープネスを加減せずにいい加減にかけたら、ほとんどの場合「ちりちり」した感じの写真ができあがります。それを回避する方法は、いまのところこれしかありません。
 じつは Photoshop には「アンシャープネス」「輪郭のみシャープ」「スマートシャープ」「シャープ」の4種類のシャープネスがあります。上で書いたのは「スマートシャープ」のことです。
「アンシャープネス」と「スマートシャープ」を状況により、加減しながら使い分けています。

 私の写真はフォーカスがかっちりしていると言われがちですが、中学生の頃はマンガ家になりたいと思ったことがあり、「輪郭」と「線」と「構図」には強いこだわりがあって、比較的しっかりしたフォーカスで輪郭がくっきりした画像が好きなのです。
 もちろん、こういう画像とは違う表現の仕方があります。それは「好み」の問題であり、どちらが
よいとかいうことではありません。


濃いピンクのサルスベリ110808


ピンクのサルスベリ110808


 さて、明日はふつうにサルスベリの写真が続いて出てきます。

コイル

2011.08.13(10:31)

コイル縦1110801


コイル2縦110801


コイル2横110801


コイル縦3110801


コイル3横110801


コイル横110801


コイルというよりはもう…110801

 最後の「締め」がよろしかったようで…(笑)

三渓園のオオガハス(4)

2011.08.12(17:00)

ハスとネムノキと三重塔110808

 なんだ、変わり映えしないじゃないか! とはおっしゃらず、よく見ていただくと、上の写真は上のほうにネムノキの枝が伸びていまして、その感じがとてもいいな、と思ったものですから…。


ハス近景つぼみ入りと三重塔110808

 しかし、そろそろ記事にした写真とそうでないものと、自分で区別が付きにくくなってきているのは事実でして、ハスの写真は今日で終了。
 どどっと掲載したいのは「サルスベリ」なのですが、その前に地味な「つる草」の写真載せようかなあ、と考えています。


ハス畑2横110808

 花がきれいなのですが、葉の裏が入るのがよかったのか悪かったのか…。


三重塔近景とハス近景110808

 たとえば、一枚目は12~60mm の広角レンズで、上のような写真は70~200mm の望遠レンズで撮っています。望遠レンズで撮るとき、どのくらい絞るかというのが、どうも難しいところです。


ハスと鶴翔閣110808

 背景は明治三十年代に原三溪が建てた自邸で、横浜市指定有形文化財、通称「鶴翔閣」です。
 蓮池の位置関係から、背景にできる建物は三重塔と鶴翔閣しかありません。


ハスのアップと影横110808


三重塔とハス畑110808横

 というわけで、調子に乗って三晩もやってしまいましたが、なにしろ当日は「きれいだなあ」とたいそう感動していたものですから。
 三渓園のハスの記事は、これで終わりとさせていただきます。
 三渓園の歴史的な建物群については、できればまた、花が少ない時期にご紹介したいと思います。

三渓園のオオガハス(3)

2011.08.11(17:00)

ハス特大アップと三重塔110808

 ハスを見たのは舞岡公園でひとつふたつ咲いているオオガハスを見たことがある程度でした。
 先日の不忍池は夕刻で全部閉じていましたし。
 だから、このような見事な景色は初めてで、カメラを向けては撮り、向けては撮りしまして、そんなぼくの嬉しい気持ちが伝われば幸いです。


ハスと閉じかけた葉110808


ハス花横アップ精細110808


蓮とつぼみ斜め上から110808


ハス畑たくさん横から110808


ハスつぼみと花横からふたつ110808


ハスとたくさんのつぼみ110808


ハスの特大アップと三重塔110808

2011年08月

  1. みなとみらいの夕陽(08/17)
  2. 本牧和田公園のサルスベリ(白)(08/16)
  3. サンゴジュの実(08/15)
  4. 本牧和田公園のサルスベリ(08/14)
  5. コイル(08/13)
  6. 三渓園のオオガハス(4)(08/12)
  7. 三渓園のオオガハス(3)(08/11)
前のページ 次のページ