FC2ブログ

国立博物館 日本館の常設展示

2011.07.31(17:46)

世路式戦闘機110726

 国立科学博物館の常設展示のスペースとしては「地球館」と「日本館」がある。
 「地球館」は生物の進化、生態などの展示が主体となっている。
 「日本館」は「地球館」が日本に特化したものかというと、工学技術関係の展示もある。
 たとえば上の写真の零戦だ。
 コンピュータ表示パネルがあって、零戦の絵から各部のボタンを押すと、零戦の絵が動いて具体的な説明が出てくる。
 こういう表示パネルはほとんど子どもが占領している。
 ボタンを押すと絵が動くのがおもしろいので、「連打」したがる。「これは何かを伝えようとしているらしい」とか「何か意味があるのだろう」とかは考えない。触ると動くのがおもしろいのだ。
 スイッチがあれば片っ端から動かしてみる。ただそれだけで、そうすると何が起きるのかにはほとんど興味がない。やたらと何でも囓りたがるスキップと大きな差はない。
 見ていると、人間も犬も同じようなものだなあ、と思えてくる。


 日本機械学会のスペースがあって、協力企業が出品して、一時間ごとに企業の最新の工作機械の説明など、広報半分の講演をやっている。誘われてひとつ聞いてみた。所要時間約30分。きわめて精密な機械部品がどのようにして切削されて製造されていくのか、よくわかる。
 いまは工作機械そのもののダウンサイジングによる省エネ、省スペースが進められているらしい。
 じつは亡父が(社)日本機械学会の名誉理事をやっていたので、わが家には学会誌が溢れている。息子が国立博物館でこんなことをしていると知ったらさぞや驚くだろう。
 亡父自ら家族に嫌われるようなことばかりしていたから、「父のようにはなりたくない」と、ぼくは就職について父に一切相談することなく金融関係へ進んだ。物作り、機械いじりのようなことは、ほんとうは大好きだったのだ。
 まあ、世の中とは往々にしてうまくいかないものだ。


渋川春海の天球儀110726

 上は江戸時代に製作された天球儀だ。
 江戸時代という時代は、一般に思われているよりもずっと文化の程度は高かったのだ。
 『天地明察』という小説があって、この中に幕府の碁方(碁の指南をする役職)を勤めていた若者が、天文学と数学の虜になって、やがて改暦に挑むという物語だ。
 若者の名前は「渋川春海」というが、下は渋川春海が製作した銅製の「天球儀」であり、実物は国立科学博物館日本館にて保存されている。


紙張り子天球儀110726

 その隣には、渋川春海の高弟・谷秦山の家に伝来した紙張り子製の天球儀があった。春海の署名と印があるそうだ。

 ところで、工作機械を製作するにはきわめて精密な部品が必要だが、その精密な部品は工作機械とマイコン(マイクロコンピュータ) がなければできない。マイコンは工作機械がなければ作れない。
 大災害でも起きて、工作機械やコンビュータが壊滅したら、人類は一から道具づくりをやり直さなければならず、文明は壊滅状態になるなあ、などと思い巡らす。知識だけではダメなのだ。道具類も順番に積み上げ式で作られてきたものなのである。

2011年07月31日

  1. 国立博物館 日本館の常設展示(07/31)