FC2ブログ

荒崎から三崎口駅までの帰途

2011.05.29(09:35)

【海岸地帯の花々】

ハマボッス110518

 まず先に、海岸地帯で撮った花をいくつか記事にしておきたい。
 どうせ「ハマなんとか」だろうと調べ始めたが、案の定、これは「ハマボッス」ではあるまいか。
 仏具の払子がどんなものか知らないので、名前の由来がぴんと来ないが、全体の様子から間違いないだろう。オカトラノオの仲間というのも、やはりびんとは来ないのだが…。


ハマダイコン110518

 これも「ハマなんとかだろう」と調べたら、「ハマダイコン」ではないだろうか。花びらの先がピンク色に染まったのものがほとんどだが、ごくたまにこのように白い花があった。花期はほとんど終わりかけ、実が目立つ。


ニガナの仲間110518

 こちらはニガナの仲間だろうと思って「ハマニガナ」を調べたが、葉が違う。海岸でよく見かけたので、何か特別な種類ではないかと思ったのだが…。


【道に迷って…】

観音像の庚申塔110518

 荒崎を崖の上に登ると、荒崎公園があり、奥にバス停があった。一時間に二本というのが厭になって、歩こうとしたのが間違いの元だった。
 住宅街と畑を抜けて、「ソレイユの丘」という観光公園へ出て、それから三崎口駅へ戻るつもりだったが、ハイキングガイドの地図がいい加減で、道がさっぱりわからず迷った。
 住宅街を抜けたところで道がわからなくなった。畑の中を延々と歩く。「観音像の庚申塔」に出会う。どちらへ行ったらよいですか、と手を合わせる(笑)。
 (「庚申信仰」というのはどんなものか知らなかったので調べた。へぇ、このような信仰が民間にあったのか…)


ソレイユの丘110518

 観光地然とした建物を見て「ソレイユの丘」へ出た、と思った。それは間違っていなかったが、そもそも道を間違えていたので、広い「ソレイユの丘」の中で向かっている方向がまったく間違っていた。行きすぎて、もどって、方向を九十度訂正して、また畑の中を延々と歩く。
 道に迷ったせいかこの辺りで急に疲れが出てきて、不整脈が出てきた。少し苦しいが、完全な発作になってしまわない限り頓服薬は飲みたくはない。なんとなく息苦しく思いつつゆっくりと歩く。
 もうやけっぱちで、畑の中の花を見つけたらカメラを向けて一休みだ。


畑の花不明110518

 この花は何だろう。わからない。
 下はホトケノザだということはわかる(笑)


畑のホトケノザ110518


畑の植物と不明110518

 これはいったい何だろう。畑で栽培しているのだから、言われてみれば「あ~、なーんだ」なのだろうけれど。
 あちらこちらの畑で数多く栽培されていた。

 心臓の不調に悩まされつつ、延々と歩く。案内板すらなく、どこを歩いているのかわからない。
 そのうち国道134号線の矢印を見つけて、どうやらこのまま歩けばよいとはわかったが、その道が曲がりくねり、余分に歩いているとしか思えない。
 ようやく国道に辿り着いたとき、そこにバス停を見つけた。どのバスも三崎口駅を通る。ほっとした。バスに乗ってから、頓服薬をのんだ。早く服用すれば、苦しい思いをしなくてもよかったかも知れない。

 将来、たとえば「癌」とか、何かの病に罹ったとき、心臓の弱りは致命的かも知れない。それなら、いまのうちにやりたいことをやっておかなければ…。
 しかし、そういう思いで自分を追い込み、自らストレスを作り出す傾向が自分にあるのはわかっている。
 この性格は「両刃の剣」であり、自分の向上心や知的関心の幅広さを支えてきた一方で、自分を追い込んで病気を誘発する原因にもなってきた。なかなかうまくいかないものだ。

 ------------------------

 これまで地名の字を間違えていた。
 「佃嵐崎(つくだらさき)」 はそれで正しい。
 「嵐崎(あらさき)」は間違いで「荒崎」が正しい。
 思い込みとは怖いものだ。
 以上訂正させていただく。

2011年05月29日

  1. 荒崎から三崎口駅までの帰途(05/29)