FC2ブログ

タブノキの花

2011.05.24(15:54)

タブノキの若葉(5月8日撮影)

タブノキの若葉110508

 ボツにしてしまうのは惜しいので、5月8日の写真からタブノキ。
 なぜかこの崖だけが毎年芽吹きが遅い。花はもうほとんど終わりかけているが、若葉は5月に入っても赤褐色に染まっていた。
 花のアップ写真も下に追加する。5月14日のクスノキの花と比較してみると興味深い。
 両方ともクスノキ科。横浜はクスノキもタブノキも多い。

タブノキの花(5月8日撮影)

タブノキの花110508


クスノキの花(5月14日撮影)

クスノキの花縦110514


カザンリク】(日大生物科学資源部のバラ)

カザンリク110516

 「カザンリク」は中東産のバラ。このバラができた時期は1700年以前と説明の板にあった。いわゆるハイブリッド・ティーローズ系だと、脇芽を積んで大輪咲きに仕立てることが多いので、このようにひとつの枝から花のつぼみがたくさん出ている写真はいままであまりなかった。
 香りが強く、ローズオイルをとるために現在も盛んに栽培がされている、という。
 実際に、香りはかなり濃厚だった。
 ここのバラ園は、バラのすぐそばで観察できるので花に鼻を突っ込むようにして香りを楽しむことができる。


和音】(日大生物科学資源部のバラ)

和音110516

 「和音」は京成バラ園、2004年作出。
 中心部の黄色みだけがやや強く、周囲は色が薄い。
 いつぞやの「ブルームーン」とか、このような微妙な色合いのバラを作出するのは日本人が多いような気がする。


荒崎へ向かって歩く

嵐崎を臨む崖110518

 下りてきた浜を少し歩くと、断崖が迫り、その向こうに荒崎が見える。


抉られた地層110518

 横の断崖は褶曲した地層が抉られて露出して見えている。
 「地理と佐渡の部屋」管理人さんから教えていただいた用語を使うなら、次のように言えばよいのだろうか。
 「海食崖の下部には打ち寄せる波が壁面を穿った跡があり、明瞭なノッチ(海食による
窪み)が発達している」
 訂正 : 「地理と佐渡の部屋」管理人さんから、ノッチとは波が穿った横に長い窪みであり、上の写真はむしろ、「海食洞」とでもいうべきもの、とご指導いただいた。
 

遠くなった佃嵐崎110518

 歩きながら振り返ると、佃嵐崎はずっと遠くなった。荒崎はもうすぐだ。

2011年05月24日

  1. タブノキの花(05/24)