FC2ブログ

日大生物資源科学部バラ園のバラ(4)

2011.05.21(17:19)

ケニギン・ベアトリックス

ケニギンベアトリックス110516

 「ケニギン ベアトリックス」ドイツ コルデス社 1983年作出。「オランダのベアトリックス現王女に捧げられた」と表示板に解説があった。ネットで調べたところでは、「ベアトリックス」は「Beatrix」らしい。ケニギンとはドイツ語で「おとぎ話の女王」だとか(ぼくは英語とフランス語しかわからないので真偽は不明)。ハイブリッド・ティーローズ(HT)系。
 なお、右上の花はけっして「枯れかけ」ではない。つぼみだ。


【ロイヤルプリンセス】

ロイヤルプリンセス110516

 「ロイヤル プリンセス」フランスのメイアン社により2002年作出。敬宮愛子内親王に捧げられたバラ。HT系。


ステファニー・ドゥ・モナコ

ステファニー・ドゥ・モナコ110516

 「ステファニー ドゥ モナコ」フランスのメイアン社により1971年作出。モナコ公国ステファニー王女に捧げられたバラ。
 個人的意見だが、バラの写真にはこのように「つぼみを入れる」のが理想だ、と思っている。


【プリンセス・ミチコ】

プリンセス・ミチコ110516

 「プリンセス ミチコ」イギリス ディクスン社1966年作出。皇太子妃時代の美智子妃殿下の捧げられたバラ。フロリバンダ系の品種 とある。HT系ではないらしい。
 はてなキーワードによれば、Floribunda は、花束を意味する語で、中輪で枝分かれをしてたくさんの花を咲かせる種類を言う。ポリアンサとハイブリッドティーとの交配から生まれたというのが主流とされる、という。(ポリアンサというのもバラの種類の名前だ。それを説明するとさらにまた説明の解説が必要となり、きりがない。バラは奥深い)
 なお、Wikipedia によれば、同じディクスン社から1992年には「エンプレス・ミチコ」というパラが献呈されたらしい。


佃嵐崎のハマヒルガオ

ハマヒルガオ110518

 昨晩の佃嵐崎だが、この付近ではほかにも目立つ花があった。
 上の写真は「あ、ヒルガオを見つけた」と思ったが、葉がまったく違う。しかし、きっと「ハマヒルガオ」とかいうのがあるに違いない、と思って図鑑を調べたらほんとうにあった。
 代表的な海浜植物の一つだそうだ。つる性の多年草で地下茎を伸ばして増えるそうだ。
 色が濃いめで、きれいだった。

ハマヒルガオのアップ110518

 ところで、そばに咲いていた下の写真の花は「ハマエンドウ」でよいだろうか。


ハマエンドウ110518


 ---------------------------

 昨晩のバッハは、ゴールドベルク変奏曲の「弦楽合奏+フルート」編曲版、フルートとバイオリン、チェンバロのための協奏曲、そしてブランデンブルク協奏曲の第三番というブログラムで、たいへん楽しめた。家から40分弱でこのような贅沢な楽しみを持つことができるのがうれしい。

2011年05月21日

  1. 日大生物資源科学部バラ園のバラ(4)(05/21)