FC2ブログ

和田長浜海岸から佃嵐崎へ

2011.05.20(18:00)

和田長浜海岸の岩場風景110518

 5月18日、京浜急行三崎口駅から歩いて、和田長浜海岸へ出て、荒崎まで岩場と砂浜を歩いた。
 本日はその前半だ。
 バス通り(国道134号) の矢作入り口から細い道を海のほうへ向かって歩くと、「和田長浜海岸」へ出る。岩場と砂浜が適度に混ざっている。
 上の写真の遠くに見えている岬を左端まで歩いて行けば「佃嵐崎」だ。


和田長浜海岸から佃嵐崎を臨む110518

 この写真では砂浜の向こう左に「佃嵐崎」が見えている。


佃嵐崎から嵐崎を臨む110518

 「佃嵐崎」の突端付近まで歩いてきた。向こうに見えているのは「荒崎」で、あそこまで歩いて行こうとしている。黄色い花が美しいので、花の背景に荒崎を入れた。


ミヤコグサの群生110518

 この花の群生にもう少し近寄ってみる。どうもマメ科のようだ。


ミヤコグサのアップ110518

 アップにして眺める。あとで図鑑で調べたところでは、海岸地帯に咲いていることなどから「ミヤコグサ」ではないか、と思われるが、ブログ「土のうた」の nakamura さんならご存知かも知れない。


岬上空の鳶110518

 岬の上を見上げると鳶がこんな具合だ。ハイキングしていあいだ、響くのは波の音、鳶の鳴き声。


振り返って見たミヤコグサ110518

 岩のあいだを通り過ぎてから振り返ると、黄色の花がきれいだ。ここで話をしたカメラマンの話では「むかしはもっとたくさん咲いていた」とのことだった。
 こうしてみると、一見のんびりしたハイキングだが、進行方向を見ると下のような具合で、見えている「荒崎」まで、これからが岩場の連続でたいへんなのだった。


佃嵐崎を抜ける110518


 ------------------------

 今晩は横浜バロック室内合奏団の定期演奏会がある。全曲がバッハのプログラム。ブログ巡りは今晩は困難かも知れない。



2011年05月20日

  1. 和田長浜海岸から佃嵐崎へ(05/20)