FC2ブログ

石垣のコバノタツナミ

2011.05.07(16:00)

紫タツナミアップ左向き110430

 この石垣は、根岸外人墓地門前のSさん宅のものだ。
 Sさん夫人は家の建替えにあたり、この石垣を残すということを強く主張されたという。
 なぜなら、この石垣は明治時代の「ブラフ積み」が残ったものであり、Sさん夫人は十年の歳月をかけてこの石垣にコバノタツナミを手植えしていき、春になるとこのように見事な花を咲かせるようになったからなのだ。
 文字通り、波が立つかのような様子が見えて、立浪草とはこの花の特徴をよくとらえたネーミングだということがわかる。


白のタツナミ左向き110430


紫タツナミ右向き110430


紫と白タツナミ左向き110430


紫のタツナミ左向き110430

 毎年ここでこの花を撮っているが、なんど通っても飽きない。


【根岸外人墓地の様子】

根岸外人墓地の様子110430

 隣の根岸外人墓地は、この時季はおよそこのような様子だ。
 ブログ「山手の木々」さんが紹介している山手の外人墓地とは異なり、規模は小さく、訪れる人はほとんどいない。
 160基ほどの墓碑が確認されているとのことだが、関東大震災や戦後の混乱期に埋葬された遺体は合計で1200人を超える、と言われている。

2011年05月07日

  1. 石垣のコバノタツナミ(05/07)